40代でも‐3キロ!おいしく食べて運動もしない「私の短期間ダイエット法」

20代のころと違い、40歳にもなると痩せにくい体に変わります。

新陳代謝が落ちるため若いときと同じだけ食べても、使われなかったエネルギーが脂肪として溜まっていくのです。

エステやジムに通うのもお金がかかるし、忙しい毎日の中で時間をつくるのも難しいです。

私の性格上、何カ月もダイエットを継続するのは無理なので、短期間ダイエットに挑戦することにしました。

結果、2週間で-3キロの減量に成功した体験談を紹介します。

スポンサーリンク

短期ダイエットは結果が早くでる

私の性格はせっかちなので、物事の結果を早く知りたい、思い立ったらすぐ実行したいと常に思っています。

他の方のダイエット体験談を読んでも「1か月かけて-3キロ」「3か月で5キロ減」など長期間ダイエットした経験が多く、自分は続けられないと感じていました。

そこで自分が続けられそうな期間、2週間だけ頑張ることにしたのです。

私のような長続きしない性格は、短期間のダイエットで結果を早く出すほうがモチベーションも上がりおすすめです。

私が実践した「夕食抜き」ダイエット

短期間でダイエットの効果をだすには食事制限は必須です。

私はお酒と食べることが大好きで、おつまみを3種類ほど用意し毎晩のように晩酌をしていました。

お肉が好きなので生姜焼きや唐揚げなどカロリーの高いメニューが多かったです。

しかも、飲んだ後はご飯やラーメンで締めるという生活を送っていたため、みるみる体重が5キロも増えました。

これではまずいと思い短期間で効果がでたダイエット体験談を探していると「夕食抜きダイエット」が目に留まりました。

一日の中で一番カロリーを摂っている夕食を抜けば簡単に痩せられるのでは?と思い、試しに3日間実践したところ1キロ近く体重が減りました。

「これだ!」と思い本格的にやることにしました。

夕食抜きダイエットのルール

炭水化物は半分だけ食べる

ダイエットの体験談をみると、糖質オフで成功した人が多いことがわかりました。

私も短期間で痩せるために朝食と昼食で炭水化物を減らそうと思いました。

全く炭水化物を摂らないのもホルモンバランスや体調悪化が心配だったので、いつもの量の半分というルールを決めることに。

これなら満足感も得られ栄養バランスもとれます。

ノンアルコール飲料で満足感アップ

今まで一番の楽しみだった夕食をやめるにはかなりの気合が必要です。

おなかがペコペコになるので、空腹感を紛らわす必要があると思いました。

同時にダイエット中はお酒もやめたかったので、代わりになるものが必要です。

私は短期間で痩せるために「ノンアルコールビール」を飲むことにしました。

ビールだけでなくスーパーには酎ハイやハイボールなど様々なノンアルコール飲料が売られています。

日替わりで飽きずに楽しむことができました。

どうしてもお腹が空いたらスルメで乗り切る

夕食を抜くと寝る前にお腹が空いて眠れないときがありました。

どうしても我慢できない日は、スルメとおしゃぶり昆布で乗り切りました。

1週間目は2日ほどスルメを食べましたが、その後は慣れてきたため眠れない日はなくなりました。

ある日の朝食メニュー

ダイエット中でも朝食は必ず食べていました。

貧血持ちなのでバランスよく栄養をとりたかったからです。

メニューは和食が多く、具沢山の味噌汁や納豆、卵焼きが多かったです。

特に味噌汁はわかめなどの海藻類を入れると、食物繊維も取れて腹持ちが良かったです。

鮭や佃煮など味付けの濃いおかずを食卓に並べないようにしました。

ご飯のお供はどうしても白米を食べたくなるので、極力避けていました。

納豆に入れる付属のタレも半分だけにして薄味になるよう調節しました。

短期間で効果をだすには薄味が重要と感じた体験談でした。

昼食はお弁当で頑張る!

週に3回ほど仕事に行くので、その日はお弁当を持っていきました。

同僚とランチに行く日もありましたが、なるべく糖質の低い鶏肉などのメニューを選ぶように心がけました。

短期間のダイエット体験談でおからを利用する人が多いこともあり、よく作っていたのが「おから蒸しパンサンド」です。

おから、卵、甘味料、ベーキングパウダーをタッパーに入れて混ぜ、電子レンジに2分かけるだけの簡単パンです。

分量も計らず適当に作ってもおいしくできます。

少しパサパサしていますが、腹持ちも良く糖質が低いのでおすすめです。

ダイエットにはタンパク質も大切なので、サラダチキンもよく食べていました。

買うと高いので鶏むね肉を2キロ購入、自宅で手作りしました。

味のバリエーションも塩コショウ、バジル、七味唐辛子など変化をつけられます。

大量に作り冷凍しておけば温めるだけで食べられるので手軽でした。

おから蒸しパンにはさめば最強のダイエット食になります。

夕食の代わりに

2週間の短期間ダイエットのあいだ、夕食は抜いていましたがノンアルコール飲料は飲んでいました。

たくさんある種類の中から選ぶ基準は「カロリーがゼロ」「味がかぶらないようにする」です。

中には砂糖を使った商品もあるので、選ぶときは気を付けていました。

私の体験談では満足感を得られるだけでなく、炭酸で空腹感がごまかされる効果があると感じました。

私が一日に飲んだ量は2本くらいです。

夕食時に1本、お風呂上りに1本というように時間差で飲むと炭酸でお腹が膨れるのでつらくなかったです。

夕食を抜くと次の日の朝ごはんがおいしく感じられるというメリットもありました。

寝起きもよくなるので朝から活動できて、時間を有効に使えることにつながりました。

飲み会のときのメニュー

実は2週間の短期間ダイエットの間に1度だけ会社の飲み会がありました。

断ればよかったのですが新人の歓迎会だったので参加することにしました。

場所は居酒屋だったのでノンアルコールビールで乾杯、その後はノンアルコールカクテルを飲んでいました。

いつも自宅で飲んでいるタイプと違い、糖質が高かったと思いますがおいしかったです。

食べ物はなるべく揚げ物を避け、野菜、蒸し物を中心に頼みました。

チーズは脂質が高いですが、糖質は低いのでチーズフォンデュを注文、ブロッコリーやトマトなど野菜をつけ、たくさん食べました。

私の体験談では夕食に炭水化物をとると太りやすくなるため、フランスパンは我慢しました。

夕食抜きダイエットのおやつを紹介!

今までのダイエット体験談からと言うと、我慢しすぎるとその分リバウンドが大きくなる場合が多いです。

適度におやつなど甘いものを食べてストレス解消したほうが効果がでます。

私がよく食べていたのは「豆乳アイス」です。

以前ネットで知ったのですが、パック入りの豆乳飲料を凍らせるだけの簡単アイスです。

一パック200ml入りでボリュームも十分です。

豆乳は大豆製品なのでタンパク質や大豆イソフラボンも摂取でき、短期間ダイエットや美容にも最適な食材です。

クッキーやケーキと比べるとアイスは太りにくいスイーツと言われています。

小麦粉などの炭水化物を使用しないため、血糖値の上昇が穏やかになるということです。

私はダイエット中のおやつにほぼ毎日豆乳アイスを食べていましたが、順調に体重が減っていったのでその通りだと感じました。

ダイエット中の運動はなし!

私は運動が苦手なので短期間ダイエット中は特になにもしませんでした。

通勤で駅まで往復20分の徒歩、休みの日に近所を買い物がてら散歩すること以外は運動と呼べるものはしていません。

これもダイエット前から変わらない生活習慣なので、本当に運動なしで2週間-3キロというのはすごいと思います。

運動が苦手な分、お風呂で汗をかくことを心がけていました。

最低でも30分はお湯につかり汗をかくようにしました。

お湯の温度は40度がいいと言われますが、私の体験談では夏は熱くてのぼせる可能性があると思います。

38度か39度に設定して「ぬるいかな?」程度のお湯がちょうどいいと感じました。

お風呂上がりのノンアルコールビールはかなりおいしかったです。

私の短期間ダイエット体験談は「無理しない!」がキーワード

短期間で-3キロのダイエットに成功した私ですが、現在も体重を維持しています。

意識的に糖質の高いものを避けるようになり、飲んだ後の締めのラーメンをやめることに成功しました。

お酒も週に3回ほどは飲みますが、ダイエット前に比べると半分くらいに減りました。

痩せたという成功体験談が気持ちを変え、日常的にダイエットの意識が高くなったのが一番大きいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました