気になる薄毛を食い止めよう!今からできる対策10選

髪の毛が薄くなってきたのを見ると、この先どんどん薄くなっていくのではと不安になりますよね。

薄毛は老けた印象を与える要因にもなるため、できるだけ健康的な髪を維持したいと考える人も多いでしょう。

それを実現するには、気を付けなければならないことがたくさんあります。

今回は薄毛に悩む人、あるいは将来のことを考えて早めに対策を行いたいと思っている人のために、簡単にできる薄毛対策法をご紹介します。

スポンサーリンク

薄毛になる原因とは?

そもそも、髪の毛は食べ物から作られています。

しっかり食事を摂らなければ健康的な髪は生えてきませんし、摂取した栄養が正しく機能するよう、睡眠や運動などの生活習慣にも気を付ける必要があります。

基本的な生活習慣は、髪の毛の健康を左右すると言っても過言ではありません。

忙しさを理由に自分を労わることを忘れてしまうと、そのダメージがどんどん体に出てきます。

髪が生えてこない、またすぐ抜けてしまうというのはこのダメージの1つだと考えて良いでしょう。

自分はどんなことが原因で薄毛を加速させているのか、それを明確にして対策を講じることで元のボリュームを取り戻せる可能性は大いにあります。

薄毛防止のために行いたい食生活の対策4つ

薄毛対策を行う上で、食生活の見直しは必要不可欠です。

では、具体的にどのようなことを見直していけば良いのでしょうか。

タンパク質を積極的に摂取する

まず、タンパク質を積極的に摂取することです。

髪の毛の主成分はタンパク質だと言われています。

そのため、タンパク質が少ない食生活であれば、必然的に髪の毛は少なくなっていきますし、元気もなくなっていきます。

逆に、良質なタンパク質の摂取を心がけることで、髪の毛にも良い変化を感じられるでしょう。

栄養バランスのとれた食事をとる

次に、栄養バランスのとれた食事を心がけることです。

薄毛を防ぐためにはタンパク質が重要だと言いましたが、それだけでは不十分です。

栄養を頭皮に届けるため血液をサラサラの状態にしたり、ポンプである心臓の働きを強くしたり、さらには吸収率を上げるための栄養素も必要になってくるからです。

タンパク質を摂ることはもちろん大切ですが、それを髪の毛に活かすためには様々な栄養も必要になります。

糖質・脂質の多い食事は避ける

そして、糖分や脂質を避けることも大切です。

嗜好品などに多い糖分や脂質は栄養の吸収率を下げたり、体内に老廃物をため込む要因となってしまいます。

その結果、血液の巡りが悪くなり、頭皮まで栄養が届かなかったり、血を流そうと心臓に必要以上の負担をかけて高血圧を招きます。

髪の毛だけでなく体にも悪いですから、できるだけ糖分や脂質を避けるようにしましょう。

食の欧米化が進んでいる現代では、これらは非常に身近な存在です。

日本人の体に適した和食を心がけ、あっさりした味付けや食材本来の味を楽しむような食事に切り替えましょう。

ビタミン・ミネラルの栄養補給

最後に、不足しやすいビタミンやミネラルを意識しましょう。

ビタミンやミネラルは食材に含まれている量が比較的少ないだけでなく、調理過程で壊れてしまうことも多いため、不足しやすい栄養です。

しかし、これらはタンパク質を髪の毛にするために必要な栄養素ですから、せっかくタンパク質を摂取しても髪の毛になりづらくなってしまいます。

基本的に食事から摂取することが大切ですが、どうしても難しい場合はサプリメントなどで補給するようにしましょう。

今すぐ見直したい生活習慣3つ

喫煙

まず、タバコを吸っている人は禁煙しましょう。

タバコに含まれる有害物質は発毛に必要なビタミンCを壊す働きがある上に、血管を収縮させて血の巡りを悪くする恐れもあるため、頭皮まで十分な栄養が届きづらくなります。

また、ガンのリスクを高めるなど健康にも良くありませんから、タバコを吸っている人はやめるようにしたいものです。

タバコをやめただけで体調が良くなったり、抜け毛が減ったりなどの変化を感じている人もたくさんいます。

タバコ代も浮いて一石二鳥になるでしょう。

不規則な睡眠

次に、良質な睡眠を取ることです。

眠る時間が重要だと考える人も多いですが、最も重要なのは時間ではなく質です。

体が休まるような良質な睡眠を取ることで自律神経が正常に保たれ、ストレスによる薄毛を食い止めることに繋がります。

また、眠っている間は成長ホルモンが盛んに分泌されているため、育毛効果も期待できます。

運動不足

最後に、適度な運動を心がけます。

息を切らすようなハードな運動ではなく、日常的に体を動かすように意識しましょう。

散歩などは負担も少なく続けられます。

食事で摂取した栄養の吸収率を高めるだけでなく、ストレスの緩和にも役立ち、薄毛対策につながります。

薄毛対策に欠かせないケア方法3つ

様々な薄毛対策がありますが、前述してきたのは体の内側からアプローチをかける対策です。

今度は外側から行うケア方法をご紹介していきます。

自分に合ったシャンプーを選ぶ

まず、自分に合ったシャンプーを選びましょう。

シャンプーの種類は非常に多く、洗浄力を意識したものもあれば、保湿力を意識したものもあります。

肌との相性も人によって異なるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

合わないものを使い続けると、そのダメージによって薄毛を加速させる可能性があります。

頭皮マッサージを行う

次に、頭皮マッサージです。

入浴中やお風呂あがりなど、体が温まっている時に行うのが効果的です。

凝り固まった頭皮をマッサージすることで血流が良くなり、薄毛の改善に役立ちます。

自分で行っても良いですが、やり方が分からない、いつもやろうと思って忘れてしまうという人は美容院で行われているヘッドスパを試してみるのもおすすめです。

育毛剤を使う

最後に、育毛剤を使ってみましょう。

商品によって効果は異なりますが、1~2日使うだけで髪の毛が生えてくるわけではありません。

長期間継続して使っていくことが大切ですから、様々な薄毛対策を行いながら、より育毛しやすいようサポートとして使用しましょう。

すると、体質改善されるのと同時に、より育毛効果を感じやすくなる可能性が高まります。

薄毛対策は今すぐ実行できるものばかり

薄毛は、クリニックに行くしかないと考えている人もいるかもしれません。

しかし、病院で治療を受けなくても、ある程度は自力で改善させることも可能です。

もちろん人によって効果に個人差はありますが、体の内側と外側のどちらからもアプローチをかけていくことで少しずつでも変化を感じられるでしょう。

大切なのは継続して行うことです。

すぐ効果が出るわけではありませんから、いつかは生えてくると信じて続けていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました