抜け毛が増えるには原因があった!早めの対策で症状を予防しよう!

髪の毛は人間であれば毎日抜けています。

しかし、ブラシにつく抜け毛の量が多いと薄毛になってしまいそうで心配になる人は多いでしょう。

気になる量の抜け毛があるなら、症状を進行させないためにも、なるべく早めに対策するのが大切です。

ここでは、抜け毛になる原因を分かりやすく説明し、抜け毛を増やさないための予防法を紹介します。

スポンサーリンク

抜け毛の原因は暮らしの中にある

抜け毛対策をしたいなら、なぜ髪の毛が抜ける量が多くなっているのかまずは原因を知りましょう。

日常生活の中で行っている行為が影響しているかもしれません。

ダイエットが抜け毛を増やす

痩せたいために過度な食事制限をすると頭髪だけでなく全身が栄養不足になります。

頭皮に運ばれる栄養が少なくなれば当然ながら頭髪は健康的に成長せず抜けやすくなるのです。

喫煙は抜け毛の敵

タバコを吸うと全身の血流が悪くなります。

毛根へたくさんの栄養を運ぶのは血液ですので血流不足になると頭髪が栄養不足になり、衰えが速まってしまうでしょう。

ヘアスタイルが原因

カラーリングやパーマなどを繰り返し行うのは、頭皮や頭髪を傷める原因です。

体に起こる変化で抜け毛になる

自分では健康的にいるつもりでも、いつの間にか抜け毛が増える原因が体に起きている場合もあります。

年齢を重ねて頭皮が硬くなる

ある程度年齢が高くなると頭皮の柔らかさが失われ、血流不足が生じます。

頭髪の成長をコントロールする毛母細胞に太い髪を育てるための栄養が運ばれにくくなり、抜け毛が増える場合は多いです。

精神的ストレスは脱毛症につながる

いつの間にか感じていたストレスが、血液から頭髪へ栄養を供給する毛乳頭の機能不全を引き起こします。

抜け毛が増加し頭髪が細くなるほか、髪が抜けた部分から新しい髪がしばらく成長しない円形脱毛症などの原因である場合も多いです。

ストレスで無意識に自分で頭髪を抜く症状もあります。

抜け毛の原因が疾患の場合も

男性ホルモンのジヒドロテストステロンが多い体質のために薄毛になる男性型脱毛症は、頭髪の成長が抑制されるために抜け毛が増えます。

頭髪はヘアサイクルによって古い髪が抜け新しい髪が伸びるのを繰り返していますが、ジヒドロテストステロンの働きが成長期を短期間にし、健康的に髪が成長する前に抜けてしまうのです。

男性ホルモンが女性ホルモンより優位になるために起こるびまん性脱毛症も薄毛の疾患で、抜け毛や薄毛の症状がある女性の半数程度が罹患していると言われます。

出産後に卵胞ホルモンが減少して脱毛したり、加齢によってホルモンバランスが崩れ、毛乳頭が正常に機能しなくなるために抜け毛が起きるのです。

抜け毛予防は毎日の清潔が大切

抜け毛はシャンプーの仕方で予防することはできます。

正しく洗髪し頭髪の健康を維持しましょう。

頭髪と頭皮は毎日清潔に

皮脂や埃、空気中の汚染物質などが頭部には付着していますので、毎日シャンプーをして清潔を保ちましょう。

頭皮に汚れが残っていると、皮脂などが毛穴を詰まらせて頭皮の健康状態を悪化させます。

炎症やかゆみにつながる場合があるほか、毛穴に残った皮脂は紫外線などが影響して頑固な汚れとなり頭髪の成長を妨げてしまうのです。

丁寧な洗髪をして

汚れを落とそうと強い力で頭皮を擦りながらシャンプーをするのは逆効果です。

優しい力で頭皮を揉むように洗うと血流が良くなるので抜け毛予防になり、頭皮も髪も傷めません。

ドライヤーでよく乾燥させて抜け毛を防ごう

シャンプー後はタオルで水分を拭きとりますが、頭髪を摩擦しないように注意します。

髪が濡れたままの状態で摩擦するとダメージになるので優しく扱いましょう。

軽くタオルドライしたらドライヤーで頭髪と頭皮の湿気を取り除きます。

自然乾燥がダメージを抑えると考えられがちですが、湿気が多い状態で頭皮を放置すると雑菌繁殖しやすく、炎症を起こして抜け毛につながる場合も多いです。

ドライヤーは頭髪の根元部分から当てますが、同じ場所に当て続けると頭皮も髪もダメージを受けます。

ドライヤーを左右に振りながら頭部全体をまんべんなく乾かすのが大切です。

抜け毛を予防するマッサージの習慣

頭皮はマッサージすると血行促進になるのに加えて、緊張状態がほぐれ柔らかくなります。

前髪の生え際部分から頭頂部へかけて、指の腹を使い小さな円を描きながら揉んでください。

爪を使うと頭皮に傷がつくので、指を寝かせながら気持ち良いと感じる程度の力でマッサージします。

起床時やシャンプー前後などに行う習慣をつけると、毛根へ栄養が運ばれ健康的な頭髪の成長が促されるほか、結果的に抜け毛が予防されるのです。

食生活を見直して抜け毛対策を

たんぱく質は頭髪の主成分ですので、肉や魚のほか、大豆が使われている料理など幅広い食材から摂取するようにしましょう。

また、頭髪の成長にはビタミンB群が必要ですのでレバーやいわしなどの青魚や牛乳も日々のメニューへ取り入れてください。

頭髪に良い食材だけでなくバランスの良い栄養素が摂れる食事にし、全身の健康を保つと頭髪が美しくなり抜け毛も予防できます。

皮脂の過剰分泌につながる脂質の多い食事を続けたり、ダイエットで野菜ばかり食べたりするなどの偏食をすると、育毛に良い影響はありません。

育毛剤を使ってしっかり抜け毛対策する

育毛剤とは、頭皮環境を整える効果があり、抜け毛を抑制し、健康的な頭髪の成長を促すために使用するものです。

多くの人がシャンプー後に行うマッサージへ取り入れています。

ドライヤーの後に育毛剤を使用しますが、髪に分け目を作ると上手く頭皮に行き渡るので効果的です。

育毛剤を使用してすぐに効果を実感できる訳ではありませんが、使用の継続によって抜け毛を予防できます。

シャンプー剤の見直しも

自分の体質に合わないシャンプーを使用するのは頭皮に負担をかける原因です。

強い洗浄成分などが原因でかゆみやフケが出る場合もあります。

合わないと感じたら使用中のシャンプーをすぐに別の商品へ変えましょう。

育毛剤を使う場合はシリコン系シャンプーを避けると頭皮へ育毛剤が浸透しやすくなります。

育毛シャンプーの多くは天然の洗浄成分を使用していて、頭皮を乾燥させずに皮脂を洗い流せ、頭皮に良い影響を与えるため抜け毛対策には適しています。

抜け毛対策は日頃から行おう

抜け毛を多く感じたら、頭髪や頭皮が栄養不足になっていないか、ダメージを与える行為をしていないかをまず考えましょう。

血流不足や栄養不足を起こす生活習慣や、雑な洗髪などは改めると効果的です。

シャンプーの見直しや育毛剤を使用するのも抜け毛予防になります。

ただし、何をしても抜け毛が多くなるなら疾患の場合もありますので、早めに専門医へ相談しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました