抜け毛が多くて憂鬱!抜け毛を引き起こす主な原因と対策法を紹介

抜け毛が異常に多い場合、いずれ薄毛やハゲになってしまいます。

今まで髪の毛の量が気にならなかった人でも、薄毛が多いと「このままではハゲてしまうかも」と心配になってしまうでしょう。

抜け毛が多い場合、異常な抜け毛を引き起こす原因となるようなことを知らず知らずのうちに行っているのかもしれません。

今回は、抜け毛が多くなってしまう原因や、予防、対処法について説明します。

スポンサーリンク

抜け毛を引き起こす原因5選

抜け毛の多い少ないには個人差があり、髪の毛は1日に50本から100本、多い人では200本近く抜けることもあります。

放っておいても髪の毛と言うのは自然に抜け落ちますが、風呂場の排水溝が一回のシャンプーで詰まったり、引っ張った時にすぐに抜けてしまったりする場合は、髪の毛が抜けやすい状態になっているかもしれません。

抜け毛を引き起こす原因を5つ紹介しましょう。

ストレスのためすぎ

精神的なストレスは、抜け毛の原因としてたびたび取り上げられています。

ストレスを感じることで血行不良を起こし、頭皮に悪影響を起こしてしまうのです。

人は強いストレスを受けると自律神経に乱れが生じ、筋肉が緊張することで血管の収縮が起こってしまいます。

血液は髪の毛に欠かせない栄養を運ぶ役割があります。

髪の毛を作っている毛母細胞は、毛乳頭という所にある毛細血管から栄養を受け取り、髪の毛を育てるのです。

ストレスをため込み、血の流れが悪くなると毛乳頭に栄養が届きにくくなり、毛が細くなって抜けやすくなります。

食生活の乱れ

人間の髪の毛は、皮膚や爪などのように、毎日の食事によって作られています。

元気で生き生きとした髪の毛を作るためには、髪の毛に必要な栄養を摂取する必要があるのです。

食事を過度に制限するようなダイエットでは、髪の生成に必要な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛を引き起こします。

また、油分の多い食事を多く摂取すると過剰な皮脂分泌を招き、それが老廃物と合わさって毛穴を詰まらせ、抜け毛を誘発してしまうこともあります。

睡眠不足

睡眠の時間は育毛にとって最も大切な時間です。

何故ならば、髪の毛を育てる成長ホルモンの分泌が最も多いのが睡眠中であるだけでなく、日中に受けた髪の毛をダメージを修復するのも睡眠中だからです。

睡眠不足が続いてしまえば、紫外線や排気ガスなどの活性酸素や、変動する温度や湿度などのダメージを回復できず、抜け毛が増えてしまうでしょう。

間違った頭皮ケア

頭皮を清潔に保とうと、シャンプー時にゴシゴシと力強く洗ってしまったりすると、摩擦により産毛や成長中の髪の毛が抜けてしまうことがあります。

また、皮脂を取り除こうとして頻繁に洗浄力の強いシャンプーの使用や、頻繁に髪を洗うのもNGです。

頭皮に必要な皮脂をとりすぎると防御反応が起こり、皮脂の過剰分泌の原因になることがあります。

運動不足

血液は常に流れており、その血管に筋肉が収縮されることによって血流が促進されます。

慢性的な運動不足が続けば筋肉が凝り固まり、血の流れが悪くなってしまうのです。

頭皮は頭のてっぺんにあり、血流不良の影響を受けやすい部位です。

栄養が届かなければ、どんなに髪の毛に良い栄養素を摂取しても、髪の毛が育ちにくく抜け毛が増えます。

抜け毛を予防する方法や対策法5選

抜け毛を減らすためには、原因を知ることだけではなく、予防法や対処法を実践することが大切です。

何もしなければ髪の毛が生えてくることはなく、抜け毛や薄毛を進行させてしまうことになります。

抜け毛を減らすためには、抜け毛の対策に向けて行動することと、それをできるだけ長く継続させるということが必要でしょう。

抜け毛を予防する方法や対策法を5選紹介します。

育毛剤を使用する

生活習慣や食生活の改善をすることで抜け毛を減らすことができますが、すぐに崩れた生活リズムを改善するのは難しいでしょう。

育毛剤には、血行を促進させたり、栄養を直接頭皮に浸透させたり、AGAの原因を抑制したりできるものがあります。

育毛剤を継続して使うことで、太く丈夫な毛が育ち、抜け毛が少なくなっていきます。

しかし、育毛剤を使ったからといってすぐに効果があらわれるわけではありません。

どんな育毛剤でも3ヶ月ぐらいは使い続けないと頭皮の環境を改善することは難しいので、効果がないと感じても使い続けることが大切です。

シャンプーをしっかりとする

シャンプーは基本的に毎日行うものなので、シャンプーのやり方や、どんなシャンプー剤を使っているかなどは、少なからず抜け毛に影響していきます。

しっかりと泡立て、揉むようにしながら洗うなど、しっかりと正しいシャンプーの仕方を行えば、抜け毛を減らすこともできるでしょう。

シャンプーを使う時は、自分に肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

また、育毛シャンプーといって、汚れを落としやすいものや、血行促進の効果があるタイプのシャンプーもあります。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足は育毛の天敵で、睡眠不足が抜け毛の原因になっている人も多いものです。

抜け毛を減らす為には、毎日6時間以上の睡眠が望ましいですが、時間の確保だけでなく、質の良い睡眠を意識することも大切です。

質の良い睡眠の時(ノンレム睡眠)には成長ホルモンが分泌されやすく、浅い眠りであるレム睡眠時にはコルチゾールの分泌が高くなります。

質の良い睡眠をとるために、寝る前にスマホやパソコンをしない、寝室の環境を見直すなど、リラックスできるような環境を整えることが大切です。

髪の毛に良い食べ物を食べる

髪の毛は食事によって作られるので、しっかりと健康な髪の毛の材料になるようなものを食べるということが大切になるでしょう。

頭皮の改善に効果がある栄養素は、たんぱく質、亜鉛、ビタミンA、鉄分、カルシウムなどです。

これらの栄養素を普段の食事や、サプリメントなどから摂取してみましょう。

また、脂っこい食べ物を過剰に摂取すると、皮脂の分泌を促したり、血液がドロドロして栄養が行き渡りにくくなったりするので、気をつけなければなりません。

ストレス発散法を見つける

抜け毛はストレスが原因になっている可能性もあるので、薄毛を予防、対策するためにはしっかりと定期的にストレスを発散する必要があります。

ストレス発散法には、自分の好きな音楽を聴いたり、有酸素運動をしたり、お風呂に入ったりなど、色々な方法があります。

ストレスにいち早く気づき、我慢しないでなるべく早く発散するようにしましょう。

抜け毛を改善しよう

抜け毛が多い状態を放置していると、今よりも髪の毛のボリューム感がなくなり、薄毛に悩まされて生活していくようになるでしょう。

抜け毛は精神的なストレスが原因になっていることが多いですが、抜け毛が増えるともっとストレスがたまり、頭皮にも悪影響を及ぼします。

抜け毛に悩まされることがないように、しっかりと原因を知り、予防、対処をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました