前髪が薄い男の原因は?今からでも間に合う対策とおすすめの髪型

お風呂上りに鏡を見て「あれ?前髪が薄い?」と感じたら要注意です。

男の薄毛は前髪から始まるケースが多いからです。

特に20代や30代で髪が薄いならAGA(男性型脱毛症)を発症していることもあります。

後退し始めた前髪は、放っておくとさらに進行します。

そこで今回は、悩める男性に向けて薄毛を食い止める方法、薄い前髪でもカッコよくキマる髪型を紹介します。

スポンサーリンク

男の薄毛の原因は遺伝が70%以上?

男の薄毛の場合、母方の祖父からの遺伝の要素が大きいといわれます。

その影響は75%と高確率なのに驚かされます。

悪玉男性ホルモンが引き起こすAGA

20代の若い男性の前髪が薄くなるのはAGA(男性型脱毛症)の可能性があります。

テストステロンと5αリダクターゼが結びつきDHTという悪玉男性ホルモンになると、髪の毛のサイクルが短くなり毛が成長する前に抜け落ちてしまいます。

ストレスで前髪が薄くなる?

仕事や家庭のストレスも薄毛の原因になります。

人間はストレスがたまると体中の血管が収縮し血流が悪くなります。

血液により運ばれるべき酸素や栄養が、頭皮にまでいきわたらなくなるのです。

また、ストレスは自律神経の働きも悪くするので、健康的な毛髪の生育サイクルが乱れやすいです。

食生活の乱れ

髪の毛はタンパク質からできています。

忙しくて食事をカップラーメンなどで済ませていると、髪の生育に必要な栄養素が不足します。

その結果、髪はやせ細り抜けやすくなることが考えられます。

一日に一回だけでも主菜と副菜のそろったバランスのいい食事を心がけたいものです。

睡眠不足

髪の毛と睡眠は深い関係にあります。

睡眠中は細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)を促す成長ホルモンが分泌する大切な時間です。

特に寝始めの2時間はゴールデンタイムといわれ、たくさんのホルモンが出ています。

お酒の飲みすぎ

大量にお酒を飲むと薄毛の原因になるテストステロンが増えることが知られています。

特に前頭部や頭頂部の毛に影響があるため、前髪が薄くなる可能性が高くなります。

ほかにも、お酒を分解する肝臓への過度な負担も問題です。

毒素が分解できないと正常な代謝ができなくなるからです。

明日からできる薄毛対策

遺伝の要素が強いとされる男の薄毛ですが、自分でできる対策もあります。

思い立ったら実践できる方法も多いので、毎日の生活に取り入れるといいでしょう。

薄毛用シャンプーに変える

男性はシャンプー時に爽快感を求めるので、ミントの強いタイプを使う傾向があります。

しかし、前髪が薄いのなら頭皮環境の改善を目的としたスカルプシャンプーがおすすめです。

洗浄成分が穏やかで余分な皮脂だけを落とすため、頭皮へのダメージが最小で済みます。

育毛剤を使ってみる

AGAクリニックに行く前に試してみたいのが育毛剤の使用です。

お店にはたくさんのタイプが売られていますが、医薬部外品で保湿効果の高いものを選ぶといいでしょう。

中には生薬を使った商品や医薬品に分類されるものもあります。

これらは刺激が強く体調が悪くなる場合もあるので慎重に使用しましょう。

タバコをやめる

ストレス解消に効果的といわれるタバコですが、薄毛で悩む男は禁煙したほうがいいでしょう。

タバコは血管を収縮させ血行を悪くします。

頭皮の血流が停滞すると、髪の毛に必要な酸素や栄養が運ばれなくなり、抜け毛の原因になります。

ヘアカラーをやめる

髪の毛を染めている男は多いですが、髪の毛や頭皮にはダメージが大きい行為です。

ヘアカラーに使われる薬剤は強いアルカリ性なので、弱酸性の頭皮を傷めてしまいます。

薬剤にかぶれたり、乾燥や炎症を起こすとさらに前髪の抜け毛が進む可能性があります。

AGAクリニックに行く

最終手段ともいえる対策ですが、遺伝的な要素が強いとわかっているなら医療機関で相談するのも有効です。

医師がマイクロスコープを使って頭皮を診断、適切な薬を処方してくれます。

費用もそれなりにかかりますので、予算がある人にはおすすめの方法です。

自宅でカンタン薄毛予防

お金をかけなくても自宅でできる薄毛予防法を紹介します。

どれも習慣にしてしまえば無理なく続けられるものばかりなので、ぜひ実践してみましょう。

ブラッシング

正しいブラッシングは頭皮の血流を促進し抜け毛を防いでくれます。

効果的な方法はまず、ゆっくり生え際から頭の上までとかします。

そのとき、無理に動かしたり早くとかすと髪が引っ張られ負担がかかります。

ホコリや汚れ、髪のからまりがほぐれてスカルプシャンプーや育毛剤の浸透が良くなる効果も期待できます。

午後10時には寝る

育毛には成長ホルモンの分泌を促すのがいいといわれます。

髪の毛をはじめとする細胞の活性化には良質な睡眠が欠かせません。

特に午後10時から午前2時の間は、成長ホルモンが一日の中で最も分泌される時間帯です。

遅くても0時までにはベッドにはいりたいものです。

タンパク質をとる

髪の原料となるタンパク質は毎日欠かさず食べるほうがいいでしょう。

特に低脂肪で高タンパクの鶏の胸肉がおすすめです。

ほかには、良質な肉や魚、豆腐など大豆製品が髪の毛にいいといわれます。

大切なのはバランスのとれた食事です。

頭皮マッサージ

髪の毛の土台となる頭皮の血行を促進してくれるマッサージは薄毛予防におすすめです。

美容室でもヘッドスパなどの名称でマッサージを受けられますが自宅でも簡単にできます。

前頭部を中心に指の腹でゆっくりと頭全体を押していきます。

気持ちいいと感じるくらいの力で行うのがポイントです。

整髪料の使い方を見直す

毎日髪の毛をセットするときに、ワックスなどの整髪料を使う男性は多いでしょう。

しかし、使い方を間違えると毛穴をふさぎ抜け毛の原因になることもあります。

特にジェルやスプレーは頭皮に直接つけず髪の毛にだけにつけるようにしてください。

前髪が薄くてもカッコいい髪型

薄毛に悩む男でもカッコよくキマる髪型を紹介します。

ソフトモヒカン風スタイル

サイドは短く刈り込み真ん中だけを長めに残したスタイルは、トップに視線が集まるので薄い前髪でも気になりません。

重め前髪マッシュスタイル

前髪が薄いのに短くする勇気がない、という男はこちらのスタイルがおすすめです。

多めに作った前髪をふんわり流すことで、薄毛に気づかせません。

七三分けツヤ髪スタイル

薄毛だからと言って隠すだけが対策ではありません。

潔くおでこをだすことで逆に前髪の薄さを隠すことができます。

ワックスなどでボリュームをだすのがコツです。

重めバングのパーマヘア

髪の毛が薄いのならパーマをかけてボリューム感をプラスするのもおすすめです。

スタイリングは髪を全体的に前に持ってきて前髪をカバーします。

オシャレ坊主

頭の形がいい男性やAGAの症状がすすんだ方は坊主という選択肢もあります。

野球部のような坊主ではなく、美容室でカットするようなオシャレ坊主スタイルがおすすめです。

男のAGAと薄毛は対策できる!薄い前髪は髪型でカバー

昔は男の薄毛は放置するしかありませんでしたが、現在はAGAクリニックでも治療できるようになりました。

髪の毛が薄くなるメカニズムも解明され、対策や予防法も確立されています。

自宅で気軽に実践できる方法もたくさんあり、やってみる価値はあるでしょう。

市販の育毛剤ならさらに効果が期待できます。

薄い前髪を隠してくれるオシャレな髪型も提案されています。

自分に合った方法で薄毛で悩まない人生を送りたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました