薄毛について徹底解剖!10個の原因とその対策とは?

薄毛に悩んでいる人は多いですが、できれば薄毛になる原因を調べて少しでも改善したいと思うでしょう。

悩んで落ち込む毎日よりやれることを実践して希望を持つ毎日の方が良い結果を引き寄せるはずです。

ここでは薄毛になる10個の原因と対策についてまとめました。

これを読んだらすぐに実行に移して、一刻も早く悩みを解消しましょう。

スポンサーリンク

薄毛の原因と対策1:AGA(男性型脱毛症)

頭頂部や生え際が薄くなっていたらAGAかもしれません。

原因は男性ホルモンであるテストテトロンが、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変えられることです。

ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱し、毛の成長を阻害してしまいます。

遺伝などにより5αリダクターゼが多い人はAGAになりやすいとされています。

対策としては、男性ホルモンを抑える育毛剤の使用やAGA専門クリニックでの治療がおすすめです。

薄毛の原因と対策2:成長の過程で頭皮が固くなっている

成長の過程で頭皮がつっぱり、血管が圧迫されて血流が滞っていることも薄毛の原因になります。

血流が悪いと髪の毛まで栄養が回りません。

ヘアサイクルの成長期に髪が育たず、弱々しい毛になってしまいます。

この場合には血行を良くするタイプの育毛剤を使用してみましょう。

例えば、ミノキシジルという成分は血流改善に役立つとされています。

さらにマッサージを取り入れ、頭皮をやわらかくする習慣をつけるとより効果的です。

薄毛の原因と対策3:ストレス

ストレスは自律神経のうち活動時に働く交感神経が優位になりすぎたことにより、リラックスモードの副交感神経とバランスが取れなくなった状態です。

この乱れが血流を悪くし、髪の毛根まで栄養が運べなくなった結果、薄毛になってしまいます。

ストレスを溜めないために、自分に合った気分転換法を見つけましょう。

運動は体の血行を促進させるので最適です。

また、薄毛で悩んでストレスが溜まると、さらに薄毛が進行するという悪循環になってしまいます。

この状況だけは避けたいところですね。

薄毛の原因と対策4:脂っこい食事

頭皮から過剰な皮脂が出て毛穴をふさいでしまうと新陳代謝が悪くなり、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

脂肪分の多い食事ばかり摂っているとこのような事態になりやすくなります。

緑黄色野菜には頭皮の新陳代謝を促進するビタミンAが含まれていますから、野菜を積極的に取り入れるように心がけましょう。

薄毛の原因と対策5:紫外線の浴びすぎ

紫外線というと肌に良くないイメージがありますよね。

顔にはUV対策を完璧にするのに頭は放置状態という人はいませんか。

一番太陽に近い頭は紫外線をバンバン浴びています。

日焼けによる炎症は頭皮にかなりの負担がかかります。

薄毛が気になるならしっかり帽子をかぶって対策しましょう。

薄毛の原因と対策6:喫煙

タバコが体に悪いことは言うまでもありません。

もちろん頭皮にとっても悪影響です。

原因はタバコを吸うことによる血行不良です。

毛根細胞まで栄養が行きわたらず、元気な髪の毛が育たなくなってしまいます。

体全体に良くないタバコは今すぐにでもやめる努力をしましょう。

薄毛の原因と対策7:冷え性

血行不良は薄毛の原因です。

もともと冷え性体質という人は特に気をつけましょう。

頭皮まで血が行きわたらないと髪に栄養が行かないばかりか、頭皮も固くなって薄毛に拍車をかけてしまいます。

忙しくてついついシャワーばかりという人はいませんか。

冷え性を改善するには毎日湯船につかることが大事です。

入浴後に靴下を履いて保温力を高めてみるのもおすすめです。

また、体を温める食材を積極的に取り入れるのも良いでしょう。

生姜などのスパイス、ニンジンやレンコンなどの根菜類は冷え性に効果的です。

薄毛の原因と対策8:パーマやカラーの繰り返し

おしゃれに敏感な人はパーマやカラーにこだわっているかもしれません。

しかし、繰り返し行うことは頭皮に負担をかけるので薄毛が気になるなら要注意です。

特に炎症が起きたり、かゆみが発生する場合は気をつけましょう。

どうしてもやりたいなら、頭皮に負担のかからないものを美容師さんに相談してみるのも良いかもしれません。

時にはパーマやカラーをお休みすれば、違った自分を発見できる良いきっかけになるかもしれませんよ。

薄毛の原因と対策9:夜更かしや昼夜逆転の生活

夜更かしや昼夜逆転の生活は薄毛の原因になります。

それは頭皮のターンオーバーが午後10時から午前2時の間に最も活発に行われるからです。

この間に十分に寝ないと余分な皮脂が毛穴に詰まり、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

睡眠はリラックス効果も抜群です。

薄毛の敵であるストレス解消にも良いですから睡眠がしっかり取りましょう。

薄毛の原因と対策10:アルコールの摂りすぎ

アルコールの摂りすぎが薄毛の原因になるのは、アルコールの分解に亜鉛が使われてしまうからです。

亜鉛には髪の毛母細胞を再生したり、増やしたりする大切な働きがあります。

なるべく無駄に使わないようにしたいものです。

しかし、適度なアルコールは気分転換にもなります。

薄毛の人は量に注意して楽しみましょう。

薄毛の原因を知り、まずはできることから対策を!

薄毛は色々な原因が重なって起こっていることが多いです。

日常生活のちょっとした心がけで改善できることもたくさんあります。

薄毛の悩みを軽くしたいなら1つでも多く対策を実行していくことが大事です。

薄毛でずっと悩み続けるとストレスがたまり、余計に悪化してしまいます。

まずは前向きに薄毛と向き合うことから始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました