薄毛にお悩みの男性へ!こんな対策方法はいかが?お役立ち情報10選

ある朝、洗面台へ向かい支度をしている時、ふと鏡に映る自分の毛髪。

「あれ?なんだか薄くなってきたな」この記事にたどり着いたあなたなら、こんな体験一つや二つではないでしょう。

対策に乗り出すべきなのか、もう少し様子を見るべきなのか。

今回はそんな自分自身が薄毛をコンプレックスに思い始めた男性向けに対策方法を10個ご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

対策方法① 食生活を改める

毛髪に直接影響があるもの、それは普段取り入れている栄養素です。

当然足りなければ、薄毛や抜け毛に繋がってしまいます。

筋肉に対するタンパク質と同様に、髪の毛にも必要な栄養素が存在しています。

特に、次の三つを意識的に摂取するのが有用とされています。

  • 亜鉛(ごま、煮干しなど)
  • イソフラボン(豆腐、納豆など)
  • ビタミンA(ほうれん草、レバーなど)

もちろん「これだけ取ってれば大丈夫!」なんて万能な食材はありません。

何事もバランス良く、いろんなものを美味しく食べるのが秘訣と言えるでしょう。

対策方法② サプリメントを試してみる

特定の栄養素の摂取に特化したサプリメントは、補助食品として非常に効果的です。

その手軽さゆえ、食生活の改善のおともにするのも苦にならないでしょう。

特に男性型脱毛に対してはノコギリヤシや亜鉛、アミノ酸といった恒常的な摂取が難しい成分をピンポイントで補強できる強みがあります。

様々なメーカーから多くのサプリが販売されており、自身の生活リズムにあった量・値段をチョイスできるのも嬉しいですね。

ただし、サプリメントの過剰摂取は体調を崩す原因にもなりますので、くれぐれも規定の量を守って服用しましょう。

対策方法③ ホルモンバランスを整える

男性型脱毛(AGA)の原因の一つとして、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの代謝があるとされています。

この代謝反応はストレスやホルモンバランスの乱れとも密接に関係がありますので、対策することで薄毛への直接的な予防に繋がります。

ホルモンバランスが乱れる主な原因として、過度な飲酒や喫煙、不規則な睡眠時間などが挙げられます。

急に生活を変えるのが厳しいのであれば、一日に摂取する飲酒量を決めたり、睡眠用品の購入を検討するなど、簡単なところから徐々に改善していきましょう。

自身の生活習慣を見直すことは健康的な生活を送る意味でも大切なことです。

対策方法④ 薬用シャンプーの使用

普段から直接髪の毛に使用しているシャンプーは、薄毛対策とは切っても切り離せないものと言えます。

自分自身の頭皮に適した薬用シャンプーを使用することが最も効果的な使い方です。

ここで一つ注意したいことがあります。

薬用シャンプーは育毛シャンプーと発毛シャンプーの大きく分けて2つに分類されています。

育毛シャンプーは現在生えている毛を太く抜けにくくすることに適し、発毛シャンプーは再び毛が生えるよう状態改善をすることに適しています。

これらの使い分けは自身の状態を見極める必要がありますので、後述するクリニック相談での意見を参考にすると確実かもしれません。

対策方法⑤ クリニックに相談する

毛髪事情に関して切羽詰まっている方も少なからずいらっしゃるでしょう。

その段階であれば、薄毛を治療する意識に変えた方がいいかもしれません。

あまり高いお金はかけたくないという方でも、ひとまず専門家による無料カウンセリングを受診してみるのはいかがでしょうか。

基本的に多くのクリニックや美容外科では初めてのお客様向けに無料カウンセリングを行っています。

自分の進行度などを客観的にハッキリ診断してもらったり、自身の生活を改める意味合いでも来院する価値は十分あります。

対策方法⑥ カツラ(ウィッグ)を常用してみる

ここまでは髪の毛に対する直接的なアプローチを試みてきましたが、少し変わった角度から対策してみましょう。

まずは昔から馴染みあるアイテムのカツラです。

最近では男性用ウィッグとも呼ばれています。

一般的に「バレるのでは?」といった印象を受けがちのアイテムですが、あなどってはいけません。

近年のカツラは自然に馴染み、外見だけで判別することはほぼ不可能になっています。

ユーザーの希望に合わせた豊富な種類の形状や予算を提示してくれたり、初心者でもプロによる安心のサポートを受けられます。

一度、男性ウィッグのサンプルなどを見るだけでもイメージが変わるのではないでしょうか。

きっと立派な選択肢の一つになるでしょう。

対策方法⑦ 帽子で隠してしまう

予算的に最もお手軽な対策が、帽子をかぶってしまうことです。

自分自身に似合う帽子を探したり、新しいスタイルを開拓するきっかけになるかもしれません。

髪型で遊ぶように、様々な種類を被りこなしていくのも楽しいでしょう。

問題としては、職場などではそもそも被れないといった点があります。

夏場に帽子を外したら髪の毛がぺったりして、これじゃ余計に目立っちゃうなんてこともあり得ます。

通気性の良い帽子をかぶる、ニット帽を避けるといった対策も必要になるでしょう。

対策方法⑧ 思い切って坊主にしてみる

薄毛に合わせて全体を短くする坊主ヘアにすることは最も潔く、効果がわかりやすいです。

髪型自体を一新してしまうのは、実に勇気のいることです。

決行した当初は何かと気苦労が多いかもしれませんが、その段階さえ過ぎてしまえば、あなたに対して薄毛のイメージを抱く人はほとんど居なくなるはずです。

進行度によってはより悪目立ちする可能性がありますが、行きつけの美容師さんとしっかり相談しておくことで自然な印象を保てます。

また、単に坊主といっても多くの選択肢があり、ヘアカタログを一冊埋めてしまうほどバリエーションに富んでいますから色々試してみましょう。

対策方法⑨ ヘッドスパを利用する

ヘッドスパは専用のヘッドスパサロンの他、美容室で実施しているところもあります。

専用シャワーによる毛穴洗浄やマッサージによる頭皮の状態改善、薬用シャンプーによる薄毛対策効果など多くの効能が見られます。

何よりこういったサービスはとても気持ちが良いものです。

サービスを受けながらつい眠ってしまう方もいます。

副次的に眼精疲労、血行改善などにも効能があり、その効果は計り知れません。

気が向いた時に来店してみるのも良いのではないでしょうか。

対策方法⑩ 薄毛に対する考え方を変える

「薄毛に悩む」というこの根本的な原因を考えたことがありますか。

実は薄毛そのものに悩んでいるのではなく、この状態が他の人にどう見られているかがストレスの元であるケースが多いです。

もしかしたら、無意識に「薄毛は老ける」「薄毛はカッコ悪い」といった自分自身の価値観に首を締められているのかもしれません。

まったく気にしない!というのは無茶な話ですが、一旦他の物事に熱中してみたり、薄毛に対する偏見をやめてみるなど意識の改革を図ってみるのも立派な対策の一つです。

薄毛であることで自分にどんなストレスがかかっているのか、一度紐解く時間を作ってもいいかもしれませんね。

自分自身が納得のいく対策方法を!

いかがだったでしょうか。

男性の薄毛はこれから先も長く付き合っていかなければならない問題ですが、対策方法は膨大にあります。

ここで紹介した以外にも、まだまだたくさんの方法が存在します。

一つの方法でうまくいかなかったとしても、諦めずに対策を実行していきましょう。

そのうち、自身が納得のいく対策方法が必ず見つかるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました