ダイエットの停滞期を乗り切る「チートデイ」のメリットと正しいやり方

停滞期は、ダイエットにより急激に体重が減ったときに脳が命の危機だと感じてエネルギーを多く吸収しようとすることで起きる現象とされています。

そんな停滞期を乗り切るために有効とされているのが「チートデイ」です。

言葉は聞いたことがあっても有効とされている理由や正しいやり方を知らない人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、チートデイのメリットと正しいやり方について解説します。

スポンサーリンク

そもそも「チートデイ」とは?

チートデイの「チート(cheat)」とは英語で「騙す」というような意味の言葉です。

停滞期は、ダイエットによる体重の減少を脳が「命の危険」と捉えて積極的に栄養を吸収しようとすることで起きる現象と考えられています。

チートデイは、ダイエットを餓死の危険と勘違いしてしまう脳に対して定期的に通常通り、若しくはそれ以上の量の食事を摂ることで「ダイエットはしていませんよ」と思い込ませ、停滞期を回避する方法として有効とされているのです。

まるで、脳を騙すような方法なのでチートデイと呼ばれています。

食べたものがエネルギーとして消費されやすい身体になる

停滞期に入ると、身体は極力エネルギーを使わない省エネ状態になります。

つまり代謝が悪くなります。身体を動かすときのエネルギー源となる糖質が、エネルギーとして消費されにくくなり、身体に脂肪としてたまりやすくなってしまうのです。

ダイエット中でも運動をする前などはある程度糖質を入れることが大事ですが、エネルギーとして消費されにくい身体だと疲れやすくなり運動の効率も下がってしまいます。

チートデイがあると、飢餓状態に備えて体脂肪をためようとする働きを抑えることができるので通常通りの代謝量を保つことができます。

運動前ならある程度糖質を入れても太りにくい身体になるのです。

チートデイがストレス発散になるから、ダイエットを続けることができる

ダイエットを始めると、食事制限をする日々が続くことでストレスがたまります。

ダイエット期間中ずっと好きなものが食べられない苦しさから、ある日突然「もうやめよう」という気持ちになってしまう人が多くいます。

一度辞めると、どうでもよくなってどんどん太っていくという悪循環に陥ってしまうのです。

こうなると気持ちを元に戻すのが困難になります。

こうした状態にならないためにはストレス発散の機会を設けるのが有効です。

ダイエットの場合、食欲を満たすことができないのがストレスにつながっているので、食で発散させるのがより効果的と言えるでしょう。

「チートデイの日まで我慢すれば好きなものが食べられる」という安心感があると、チートデイ以外の日もストレスがたまりにくくなります。

ダイエット終了後もチートデイの考え方は使える

ダイエットを頑張って、目標の体重になってもその直後から乱れた食生活を始めてしまうとあっという間に元に戻ってしまいます。

特別に「ダイエット」という意識で日常生活を送る日々は終了してもその体型を維持するためにある程度食生活には気を配るようにしましょう。

しかし、気にしすぎると一生ダイエットになってしまいますよね?

そこで、ダイエット中に取り入れていたチートデイの考え方が使えるのです。

ダイエットが終了してからもバランスの良い食生活を強く意識していると、友人との旅行など普段通りの食事ができない日に特別な食事を楽しめなくなってしまうという人は多いです。

自分が楽しめないだけでなく、友人との関係も悪化しかねません。

そこで、外食や旅行中の食事をチートデイとして捉えてみましょう。

次の日から短期間のダイエットを始め元の身体に戻すようにすれば外食も楽しめるようになります。

チートデイの翌日は運動しよう

チートデイは、ダイエット中の基礎代謝量を保つのに有効とされていますがその日に関してはオーバーカロリー気味になってしまうことに変わりはありません。

チートデイは、満腹状態で身体を動かすことが辛いかもしれないので思い切って運動や筋トレもお休みにしてしまうのも良いでしょう。

しかし、少なくともその翌日には運動をするのが理想です。

1日たくさん食べただけで直ちに体脂肪がつくということはありませんが、日を追うごとにその影響が出てきます。

チートデイの食事を楽しんだ次の日はなるべく多くのカロリーを消費できるように有酸素運動をするようにしましょう。

筋トレ中心でダイエットをしている人もチートデイ翌日の運動に関しては有酸素運動もメニューに入れましょう。

チートデイは無理に取り入れなくてもよい

チートデイは、停滞期を迎えた人にとっては有効ですが、特に停滞期を感じていないのであれば無理に取り入れる必要はありません。

順調にダイエットが進んでいるのであればそのまま続けた方が効果は早く出るでしょう。

1日だけたくさん食べて次の日からまた食事制限を始めるというダイエットが合わない人もいるでしょう。

チートデイありのダイエット法はあくまで一つの方法です。

ダイエットは、自分に合う方法で進めていきましょう。

チートデイは週1日が基本!二日連続はNG!

チートデイは、週1日のペースで入れるのが基本です。

「毎週日曜日」というように明確にチートデイの曜日を決めておきましょう。

チートデイの間隔が短すぎると、余分なエネルギーを常にためこんでいる状態になってしまうので体脂肪に変化しやすくなります。

基礎代謝量を保つためにチートデイを取り入れてもそれでは意味がありません。

チートデイの後は高たんぱく低カロリーな食事を心がけてチートデイの食事をエネルギーとして消費する時間を身体に与えましょう。

ダイエットをやめたくなったらチートデイを試してみよう!

チートデイには、停滞期を乗り切る効果がありますが、それと同じくらい「ストレス発散」としての役割も大きいものと言えます。

ダイエットは始めることはできても長続きしないという人が多くいますが、そんな人はチートデイを試してみましょう。

ダイエットの目標が遠いと嫌になってしまうかもしれませんが、近くに「チートデイ」という短期的な目的があると頑張れるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました