成功したからこそおすすめしたい1週間で3kg痩せる筋トレのやり方

痩せたいけれど、なかなか痩せることができないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

実際に私もそうでした。

何をやってもうまくいかない、続かないばかりで、極端に太ることはないとしても目標値まで痩せることができた経験が一度もありません。

しかし、あることに着目するようになってから、少しずつですが体重が落ちるようになってきたのです。

私が一体どんな方法で痩せることができたのか、そのダイエット方法を紹介します。

スポンサーリンク

体重だけ見ていては痩せない

痩せたか太ったかの判断を、多くの人が体重の数値だけで判断していませんか?

確かに体重は1つの基準でもありますが、それだけがすべてではありません。

どんなに体重が変わっていなくても、体を引き締める筋肉量が減っていては、脂肪が増える一方でまるで太ったかのように見えてしまうのです。

痩せて綺麗になりたい、と思うのであれば、体重を落としつつ体を引き締めることを目標にすべきだと思った私は、ひとまず毎日体重測定をしていた習慣をやめました。

体を鍛えるメリット

「筋肉をつけたら体重が重くなる」と思う人もいるでしょう。

確かにその通りだと思います。

筋肉は脂肪より重たいので、筋トレをして筋肉をつければ、その分体重は増えていきます。

それでは体重を減らすことができないと思ってしまうのも無理はないでしょう。

しかし、筋肉をつけることで徐々に体重が減っていくのも事実です。

その上、体も引き締まって見た目の印象も変わってくるため、ダイエットに成功した実感がわきやすいのも体を鍛えることのメリットです。

自宅で簡単にできる筋トレ方法

この筋肉のないたるんだ体の脂肪をなんとかしなければ、と思った私は、自宅で簡単にできる筋トレを実践することにしました。

テレビで紹介されていた方法で、即効性があるということだったため、ひとまず1週間という期間を定めて本当に効果があるのかを確かめてみることにしたのです。

私が実践した筋トレは、動きが地味ですが非常にハードな内容でした。

筋肉を意識することで効果アップ

とにかくイメージすべきはインナーマッスルです。

体の奥底にある筋肉で、正しい姿勢を維持したり、体の機能を正常に保ったりなど様々な効果があると言われているインナーマッスルを鍛えることで、代謝が上がってダイエット効果があるということでした。

インナーマッスルの効果的な鍛え方

Step1

鍛え方は、まず肘をついて横向きに寝転がります。

そのままお尻を宙に浮かせてください。

肘と足だけで体を支える状態になるため、側近や腹筋、足の筋肉など、様々な部分に効果があります。

筋肉がない人や、体幹がしっかりしていない人は、この時点で体がぷるぷると震えてくるでしょう。

私は全体的に筋肉がありませんでしたし、体幹もなかったので、10秒耐えるだけでもしんどかったです。

それを左右方向を変えて30秒ずつ行いました。

やっている間に脇腹を触ってみると、普段は柔らかいお腹がとても硬くなっていたので、これは筋肉にちゃんと効いているという実感がありました。

Step2

最後にうつ伏せで両肘を床につけ、腰を浮かせます。

両肘と足の3点だけで体を支える姿勢をとって、30秒数えます。

この姿勢も一見楽なように見えますが、腹筋やお尻の筋肉などに力を入れないと姿勢を保つことができないため、長時間続けるのは結構大変です。

30秒数え終わると、じんわり汗をかいている自分に気づきました。

鍛えたい筋肉をしっかり意識する

私がこの筋トレで意識したのは、言われた動作をただ行うのではなく、しっかり筋肉を意識するということです。

例えば、横向きの姿勢になった時に、脇腹の筋肉だけで体を支えてやると意気込んでみたり、うつ伏せの姿勢になった時に、姿勢が徐々に楽にならないようお尻にしっかり力を入れて、床ギリギリまで腰を落とすようにしたりなど、とにかく鍛えたい部分を意識するようにしたのです。

何も考えずにやった時と、意識した時とでは終わってからの筋肉の状態が微妙に違いましたし、やっぱり意識するって大切だと思いました。

続けていくことで太りにくくなる

毎日自宅で仕事をしている私は、なかなか外に出て運動をする時間もありません。

しかし、この筋トレであれば、長時間行うわけではないため、隙間時間を見つけて実践できます。

テレビを見ながらやることもありますし、子どもと話ながらやることもあります。

何かをしながら筋トレをすれば、時間を有効に使えて一石二鳥です。

1週間で3.2kgの減量に成功!

そして1週間が経ってから体重を測ると、筋トレを始める前から3.2kgの減量に成功しました。

もちろん、筋トレだけでなく、タンパク質を多めにとるようにしたり、炭水化物を少し控えめにしたりなど、食事にも気を配っていましたが、まさか1週間でここまで落ちるとは思っていませんでした。

また、インナーマッスルを鍛えたおかげで、座って仕事をする際も姿勢が良くなり、前より腰が痛いと感じなくなりました。

運動が苦手な人にも向いている

1週間で3kg痩せる筋トレは、どれだけハードなものかと思いましたが、運動が苦手な私でも結果が出せたので、ダイエットを諦めかけている人には、ぜひ挑戦してほしいです。

痩せる快感を得た私は、それからもずっとこの筋トレを習慣にしています。

デスクワークで疲れた息抜きとしてやると、とても体が楽になって良いリフレッシュになるからです。

おかげでより体は引き締まり、それから体重が増えたと悩んだことは一度もありません。

まずはやってみることが大切

たくさんのダイエット方法がテレビやネットで紹介されているため、どれが自分に合っているか、またどれが本当に効果があるかが分かりづらいですよね。

しかし、痩せたいと思うのであれば、いろいろと試行錯誤して自分に合っているものを選んでいくしかないのです。

疑ってかかる前に、まずはやってみることから始めましょう。

コメント