今すぐ痩せたい方必見!短期間で痩せるための効果的なダイエット方法まとめ

ダイエットしようと思う理由やきっかけは人それぞれですが、どうしても短期間で痩せたいときもありますよね。

この記事では、短期間で痩せるための効果的な方法やリバウンド対策など、短期間ダイエットに役立つ情報を紹介していきます。

スポンサーリンク
  1. 短期間で落とせる体重はどれくらい?
    1. 3日間
    2. 5日間
    3. 1週間
    4. 2週間
  2. 短期間ダイエットのメリット6つ
    1. 集中出来る
    2. モチベーションを保てる
    3. 自信がつく
    4. 食費が減る
    5. 健康に気を使うようになる
    6. ご飯のありがたさがわかる
  3. 短期間ダイエットのデメリット6つ
    1. 栄養不足になりがち
    2. 体力の低下
    3. 筋肉量が減る
    4. 基礎代謝が落ちる
    5. 肌荒れ
    6. 皮膚のたるみ
  4. 短期間ダイエットのリバウンド対策7つ
    1. 睡眠をしっかり取る
    2. 体を温める
    3. 水分を取る
    4. 運度は軽いものを長時間
    5. 筋トレ
    6. お菓子は絶対にダメ
    7. 夜ご飯は鍋
  5. 短期間で体重を減らすダイエット方法
  6. 短期ダイエットに効果的な食事制限12選
    1. ダイエット開始後プチ断食をする
    2. 1日の食事回数を増やす
    3. 糖質を制限する
    4. 水分をしっかり補給する
    5. 食品成分表を確認しよう
    6. 果物に気をつける
    7. 根菜類にも注意が必要
    8. タンパク質を積極的に摂取する
    9. 鉄分不足に気をつけよう
    10. バランスの良い食事を心がける
    11. 噛み応えがあるような調理法にする
    12. ブロッコリーはダイエットの味方
  7. 短期ダイエットに必須の有酸素運動4選
    1. 有酸素運動の定番!ウォーキング
    2. 手軽で効果が高いのがランニング
    3. 家でもできる踏み台昇降運動
    4. やや上級者向けのパワーヨガ
  8. 短期ダイエットをサポートする筋トレ4選
    1. お腹周りの引き締めには腹筋運動
    2. 太ももの大きな筋肉が鍛えられるスクワット
    3. 体幹を鍛えるプランク
    4. 第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを鍛えよう
  9. 短期ダイエットに効果的な運動10選
    1. 水泳
    2. スクワット
    3. ウォーキング
    4. 縄跳び
    5. 腹筋
    6. シャドーボクシング
    7. 昇降運動
    8. 腕立て伏せ
    9. 自転車
    10. エアロビクス
  10. 1週間で3キロ痩せるときのおすすめ食事メニュー7選
    1. 脂肪燃焼スープ
    2. グリーンスムージー
    3. おかゆ
    4. チキンサラダ
    5. 大根の薄切り鍋
    6. トマト鍋
    7. こんにゃく炒め
    8. しらたきのカルボナーラ
    9. 白身魚の蒸し物
    10. 鶏のトマトソース煮
  11. おわりに

短期間で落とせる体重はどれくらい?

大事なデートが控えてる、綺麗な体を作ってから水着が着たい等ダイエットをする理由や目標は人によって違います。

そのため、ダイエットのために何ヶ月も前から計画を立てられる人もいれば、あと1週間で痩せたいという人もいるでしょう。

健康的かつ確実に痩せるなら長時間のダイエットをする方が確実です。

ですが、1~2週間という短期間では痩せることが出来ないのかというと、必ずしもそうではありません。

短期ダイエットのメリット・デメリットをしっかりと把握し、短期ダイエットが陥りやすいリバウンドへしっかりと対策を行えば、時間が無くても綺麗に痩せることは可能です。

では、実際に短期間でどのくらい体重を落とすことが出来るのでしょうか。

3日間

3日間で体重を落とすためには厳格な食事制限が必要です。

それでも、3日間という短さでは1~2kgの減量が限界と考えられます。

5日間

3日間と同じく、5日間でダイエットをする場合にも厳しい食事制限を避けることはできません。

ただ、3日間の場合と比べると少し時間に余裕があるため、2~3kgは体重を減らすことができるでしょう。

1週間

1週間でダイエットをする場合は、運動なども取り入れることで3~5kg程の体重を減らすことができます。

ただし、このあたりから減っていく体重に個人差が出る可能性はあるでしょう。

2週間

2週間程あれば、人によっては6~7kgの減量も可能です。

多くの人が元の体重から3kg以上軽くなっているでしょう。

短期間ダイエットのメリット6つ

リバウンドをはじめ、デメリットが多いと思われる短期ダイエットですが、短い故に得られるメリットもたくさんあります。

集中出来る

長期ダイエットの大変な点は継続が難しいところです。

また、ダラダラと効果の薄いダイエットを続けてしまったり、忙しいとやめてしまったりしがちですが、それに比べ短期ダイエットはその間集中してダイエットに取り組むことが出来ます。

集中することは痩せることを一番に考えている証拠です。

そうした意識がダイエット成功の秘訣になります。

モチベーションを保てる

辛いダイエットでも、ちょっとの我慢だと思うことで頑張れることもあります。

短期ダイエットは期間が明確、つまりゴールが分かりやすいので頑張ろうというモチベーションが最後まで消えることはないでしょう。

自信がつく

長期ダイエットでも言えることですが、痩せることで自分の外見に自信が持てます。

更に、ダイエットに成功したという体験も自分を大きく成長させてくれるでしょう。

外見だけでなく、内面にも効果的なダイエットですが、短期ダイエットの場合はそうした自信を早く手に入れることができます。

食費が減る

食事制限が重要になってくる短期ダイエットでは外食や間食を減らし、自炊をする必要も出てくるため、必然的に食費を抑えられます。

浮いた食費を自身の美容のために使うことも可能です。

健康に気を使うようになる

一度ダイエットを計画すると、バランスの良い食事や運動方法を調べることになります。

そして、それらを実行していくうちに健康を意識するようになっていくはずです。

そうした健康意識は一生役に立ちます。

ご飯のありがたさがわかる

食べたいのに食べられないのはとても苦しいことです。

しかし、そうした経験を1度でもしたことがある人はご飯を食べられるありがたさを知っているため、無駄な食品を買うこともご飯を残すこともしなくなります。

短期ダイエットは学習とも言えるでしょう。

短期間ダイエットのデメリット6つ

ここまで短期ダイエットのメリットについてお伝えしてきましたが、当然デメリットもあります。

長期的なダイエットと比較したデメリットをメインにご紹介します。

栄養不足になりがち

短期間で体重を落とすためにはどうしても食事の量を減らさなければならないため、それが原因で栄養不足に陥りがちです。

不足している栄養素はサプリメントなどで補うようにすると良いでしょう。

体力の低下

栄養が足りないと体に力が入らなくなるため、体力が低下します。

体力の低下は免疫力を弱めたり、疲労を溜めやすくしたりと健康面で様々な影響を与えます。

短期ダイエットをするときは風邪などにも注意が必要です。

筋肉量が減る

体脂肪を落としていく長期ダイエットと比べて、短い期間に体重を落とそうとして筋肉が減ってしまいがちな短期ダイエット。

体重に変化が見られて一時的には健康になったような気がしても、それはただ筋肉が落ちているだけかもしれません。

基礎代謝が落ちる

筋肉量の低下は基礎代謝の低下を意味します。

基礎代謝が下がるとかえって痩せにくい体になってしまうため、注意が必要です。

肌荒れ

栄養不足だけでなく、ご飯が食べられないというストレスがお肌に悪影響を及ぼすことがあります。

短期ダイエットの場合は特に頑張りすぎてストレスになってしまいやすいため、気をつけましょう。

皮膚のたるみ

急激な体重の変化によって肌が伸びてしまったり、肉割れを引き起こしてしまうことがあります。

短期ダイエットで体重の1%以上の体重を落とそうとしている人は特に注意が必要です。

短期間ダイエットのリバウンド対策7つ

ダイエットに付き物なのがリバウンド問題です。

短期ダイエットは一気に体重を落とす分、リバウンドで増える体重も大きいのが特徴です。

リバウンドを引き起こさないためには、ダイエットのためにしていた食事制限や運動を急にやめてしまうのではなく、少しずつ元の生活に戻していくのがポイントです。

その過程で特に気をつけたい7点をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

睡眠をしっかり取る

まずは体力低下やストレスでリバウンドしやすくなっている体をしっかりと休ませましょう。

早く寝ることで夜間の暴飲暴食を防ぐこともできます。

体を温める

短期ダイエットによって免疫力や基礎代謝が低下している可能性が高いため、体はしっかりと温めましょう。

体を温めつつ脂肪を燃焼させてくれる飲み物を飲んだり、お風呂で汗をかくのが効果的です。

水分を取る

水分を取ることには様々なメリットがありますが、短期ダイエットの側面から見るとお通じが良くなって体重が減る、食欲を抑えられるといった効果が期待出来ます。

摂取する水分は水かお茶にして、砂糖などが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

運度は軽いものを長時間

きつい運動は長続きしません。

そのため、簡単に行えて比較的楽なものを選びましょう。

階段を使うなど日常生活の中で行えるものも手軽でおすすめです。

その際は短時間ではなく、長時間継続して行うことを意識するとより効果的です。

筋トレ

前述の通り、短期ダイエットは筋肉が落ちやすいダイエットです。

筋肉が付きすぎるのは嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、必要な筋肉量がなければ日常生活にも支障をきたします。

こちらも軽いもので良いので、ダイエット後も続けてみましょう。

お菓子は絶対にダメ

ダイエット後の太りやすい体に間食はNGです。

ダイエットを頑張ったご褒美としてどうしても食べたい時は、果物やナッツ類、カカオが多く含まれるチョコレートなどを選ぶと良いでしょう。

夜ご飯は鍋

鍋の良いところは様々な食材を一度に摂れることです。

短期ダイエットの後は野菜やキノコ類、タンパク質を鍋で効率的にお腹いっぱい食べましょう。

短期間で体重を減らすダイエット方法

短期ダイエットを成功させるには、そのメカニズムが長期ダイエットと比べてどのような違いがあるのかを理解しておかなければなりません。

まず、長期ダイエットの場合は食事制限によって糖質や脂質、カロリーを徐々に減らします。

運動の面では有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレなどで筋肉量を増加させて基礎代謝を上げていきます。

しかし、短期ダイエットの場合は食事を徐々に減らしていては短期間で効果を得ることは困難です。

また、筋トレによって筋肉量を増やすにはある程度の時間が必要になるため、短期ダイエットにおいては筋肉量の増加ではなく、引き締め効果を目的とした筋トレが有効です。

つまり、これらの理由から短期間ダイエットは徹底した食事制限と有酸素運動を中心とした脂肪燃焼、補助的に筋トレを行うことが大切と言えます。

短期ダイエットに効果的な食事制限12選

短期ダイエットの柱になるのは食事制限です。

しかし、ひたすら食べないというダイエット方法では短期間でも体調不良を引き起こす原因になりますし、その後のリバウンドの確率が高くなります。

そこで短期ダイエットに役立つ食事制限の方法を12個紹介します。

ダイエット開始後プチ断食をする

短期ダイエットを始めたらまず1日、もしくは2日ほどのプチ断食を行います。

これにより摂取カロリーが抑えられるだけでなく、腸内に溜まった便や老廃物なども排出されやすくなり、多い人では体重の5%程度減量できる場合もあります。

1日の食事回数を増やす

1日の食事回数を増やしつつ、トータルでは普段よりも摂取カロリーを低く保つように心がけます。

これで空腹を感じることが少なくなるほか、ドカ食いの防止に繋がります。

糖質を制限する

清涼飲料水や菓子類、米やパンなどの糖質を控えましょう。

カロリーを制限しても、糖質の摂取量が多いと身体の中の脂肪を効率よく燃焼することができないからです。

水分をしっかり補給する

水分が不足してしまうと身体の中の老廃物をうまく排出できません。

実はダイエット初期の減量はむくみや排泄物の割合が多いため、こまめに水分を補給します。

食品成分表を確認しよう

カロリーや脂質、炭水化物などダイエットに直接的に関わる栄養成分は必ずチェックしましょう。

自分の感覚だけに頼っていると、ドレッシングなど意外なところでダイエットの妨げになる食品を摂取している可能性があります。

果物に気をつける

ヘルシーなイメージの果物ですがカロリーや糖質が高いため、短期ダイエット中はできる限り摂取しないようにしましょう。

根菜類にも注意が必要

芋類や人参など根菜は糖質を多く含むので控えましょう。

特にゴボウは食物繊維も多く食べ応えもあるのでダイエットに向いてそうな食品ですが、他の根菜類同様に糖質が多いので注意が必要です。

タンパク質を積極的に摂取する

大豆製品や鶏肉、魚介類などのタンパク質は筋肉の維持に欠かせません。

また、食べた時の満足感もあるので積極的に摂取した方が良いでしょう。

鉄分不足に気をつけよう

特に女性は鉄分が不足すると貧血などの原因になります。

短期ダイエット中はアクティブに運動もするため、レバーやほうれん草など鉄分の多い食品を摂りましょう。

バランスの良い食事を心がける

バランスの良い食事は栄養面で優れているだけでなく、ダイエット中でもアクティブに運動するために欠かせません。

しかも、少量でも満足感を与えてくれるというメリットも得られます。

噛み応えがあるような調理法にする

お肉であればブロックのまま調理するなど、噛み応えがある調理方法を選ぶことで咀嚼回数が増え、満腹中枢が刺激されやすくなります。

ブロッコリーはダイエットの味方

ブロッコリーは糖質とカロリーが低く、野菜の中では高たんぱくです。

しかも、美容効果のある栄養素も含まれていますから食生活に是非取り入れたいものです。

短期ダイエットに必須の有酸素運動4選

短期ダイエットにおける運動で必ず取り入れたいのが有酸素運動です。

有酸素運動は長い時間続けることでより脂肪燃焼効果が高まりますので、ある程度の時間続けられることと手軽さがポイントになります。

ここでは短期ダイエットで継続しやすいものを中心に4つの方法を紹介します。

有酸素運動の定番!ウォーキング

【 ダイエット 】ウォーキングしながらくびれ痩せ!等

ウォーキングは運動が苦手な人でもできる有酸素運動の定番です。

手足をきびきびと動かしながら歩くと同じ時間でもより効果が得られます。

手軽で効果が高いのがランニング

ランニングで10kg減!痩せる理由があった!

運動が得意な人はウォーキングではなく、ランニングが効果的です。

ランニングの際はあまりペースを上げず、ちょっと遅いと感じるくらいのペースで長い時間走りましょう。

家でもできる踏み台昇降運動

ステップエクササイズ初級 踏み台昇降で体脂肪を燃やすダイエット運動

踏み台昇降運動は台さえあればテレビを見ながらでもできます。

いくら短期ダイエットとは言え、仕事などで忙しい人も多いはずですから何かしながらできる運動は重宝するでしょう。

やや上級者向けのパワーヨガ

ダイエットパワーヨガ

パワーヨガは一連の動きの中でポーズを連続させる負荷の高いヨガです。

そのため、有酸素運動と同じ効果が期待できるだけでなく、普段あまり使わない筋肉にも刺激を与えてくれます。

短期ダイエットをサポートする筋トレ4選

長期間のダイエットにおいて、筋トレは筋肉量を増やし基礎代謝を上げることで脂肪を燃焼させる効果がありますが、短期ダイエットの場合は筋肉を刺激することで得られる引き締め効果がその目的となります。

そこで、引き締め効果の高い筋トレを4つ挙げていきます。

お腹周りの引き締めには腹筋運動

腹筋は色々な筋肉が集まり、内臓を支えるコルセットのような役割をしています。

様々な腹筋運動を取り入れることで下がってきた内臓を上に持ち上げるため、短期間でもある程度の効果が期待できます。

太ももの大きな筋肉が鍛えられるスクワット

筋トレは大きな筋肉を鍛えるほど消費カロリーも増えます。

太ももは体の中でも最も大きい筋肉ですから、スクワットで脂肪を燃焼させつつ引き締めていきましょう。

体幹を鍛えるプランク

プランクは四つん這いの状態から肩の下で両肘をつき脚を伸ばし、体が一直線になるように肘とつま先で体重を支えたまま30秒ほど静止するというものです。

プランクには体幹全体の引き締め効果があり、手軽にできるのもポイントです。

第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを鍛えよう

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれていて、上半身から降りてきた血液を上に戻すポンプのような役割があります。

つま先立ちなどでふくらはぎを鍛えることで血液の循環が良くなり、代謝を良くしデトックス効果も得られます。

短期ダイエットに効果的な運動10選

ダイエットするときの基本は、食事制限によるカロリーカットと運動による脂肪燃焼です。

短期ダイエットでもこのダイエットの基本は変わらず、短期ダイエットの場合には余分な水分を排出することを意識しながら、運動や食事で余分な水分を溜め込まない体質にしていくことがダイエットにつながります。

一週間で大幅な減量は難しいですが、きちんと正しい方法でダイエットを行えば十分に痩せることが可能です。

短期ダイエットのポイントとしては、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。

そのため、しっかり運動をしながらも夕食はカロリーを控えるようにしていきましょう。

様々な運動がありますが、室内でできるものと屋外でできるものに分けられます。

効果的な運動を一つずつご紹介します。

水泳

まず、一つ目に効果的な運動として挙げられるのが水泳や水中ウォーキングです。

水の中の運動は体への負担が小さく、陸で行うよりもカロリーを消費します。

水圧によって筋肉を刺激する効果もあり、腰痛などに悩んでいる人でも負担なく行える運動です。

スクワット

次にオススメなのがスクワットです。

スクワットは下半身の運動と思われがちですが、腹筋なども使うため全身の筋肉に対して効果を期待できます。

下半身の筋肉は肥大させやすく、基礎代謝を高めやすいというメリットがあります。

ウォーキングやランニングなどの脂肪燃焼させやすい有酸素運動を長時間こなすための準備運動としても役立ちます。

ただし、正しい姿勢で正しく行わなければ膝などに負担がかかってしまうため注意が必要です。

ウォーキング

脂肪を燃やす有酸素運動の代表的な運動といえば、ウォーキングです。

ただ歩くだけでは脂肪は燃焼されないため、ダラダラ歩くのではなくキビキビ大股で速足を意識しながら行うことがポイントとなります。

また、ふくらはぎの筋肉が動いていることを意識することも大切です。

ふくらはぎは足のポンプのような役割をしているため、ふくらはぎがきちんと動くことによって血行が良くなり、足先まで血液が巡り代謝が良くなってむくみなどを改善します。

縄跳び

手軽な運動としてオススメなのが縄跳びです。

縄跳びは子供の遊びというイメージがありますが、実は全身運動で消費カロリーの高い運動です。

雨が降っていても室内ででき、飛ぶことによってふくらはぎのポンプ作用が鍛えられます。

縄がないという時には、縄を使わずに縄跳びをしているつもりでジャンプするだけでも同じ効果が得られます。

自分の部屋で行えば人目を気にせずに行えるでしょう。

腹筋

短期ダイエットのポイントの一つに、普段鍛えない筋肉を鍛えるという点があります。

そんな普段鍛えない筋肉として挙げられるのが、腹筋です。

腹筋を鍛えることで有酸素運動として脂肪を燃焼しながら、お腹を引き締められます。

仰向けになって膝を曲げ、頭を息を吐きながら上体を丸めるように持ち上げたら限界で止まって息を吐き切る、息を吸いながら仰向けに戻るというトレーニングですが他にも様々な腹筋の仕方があるため、体力などに合わせてやり方を変えてみるのがオススメです。

シャドーボクシング

ボクシングでは正しいフォームを身につけたり、イメージトレーニングとして行うシャドーボクシングですが、短期ダイエットの運動としても向いています。

腕の動きや体のひねり、ステップなど全身を使って運動するため、様々な筋肉を使うことになるからです。

ジャブやフックなどのパンチを繰り返すことで腕痩せにつながり、ステップを前後左右に踏むことで下半身の運動になります。

本格的に行いたいという場合には、スポーツジムでボクササイズというプログラムがあります。

昇降運動

室内で簡単にできる運動としてオススメなのが、昇降運動です。

昇降運動は雑誌などをまとめて台を作り、台を上り下りする運動です。

負担も少ないため、運動をあまりしない人でも簡単に始めることができます。

簡単ですが、最初は1分を目標に行いながら心拍数を計りつつ、無理のない範囲で行っていきます。

台ではなく、階段の上り下りでも同様の効果が得られます。

腕立て伏せ

二の腕などが気になるという場合には、腕立て伏せがオススメです。

正しいフォームで呼吸を意識しながらインターバルを短く定期的に行うことによって、腕や胸の筋肉を鍛えられます。

背中をそらさず、お尻を浮かせないように注意しながら行うと効果的です。

通常の腕立て伏せが難しいという場合には、膝をついて行う腕立て伏せの方法もあります。

自分の筋力や体力に合わせたフォームで行うことがポイントです。

自転車

ウォーキングなどに比べて脂肪燃焼効率が良いのが自転車です。

特にママチャリはロードバイクやクロスバイクに比べて重いため、効率的に脂肪燃焼が行えます。

ママチャリは軽めのギアに固定されており、強く踏み込まないで済むため、有酸素運動としてスピードをキープできます。

ロードバイクなどのスポーツサイクルには重いギアがありますが、重いギアでは負担が多すぎて無酸素運動になってしまいます。

また、サドルを爪先がつく程度に調整しておくと、太ももやお尻の筋肉にも効果的です。

エアロビクス

短期ダイエットを自分だけで行うのは難しいという場合にはスポーツジムなどを利用することもオススメです。

スポーツジムでは様々なプログラムがありますが、その中でも運動量の高いものとして挙げられるのがエアロビクスです。

全身を動かせる有酸素運動な上、音楽に乗りながら体を動かすことでストレス発散にもなります。

初心者から上級者までレベルに合ったプログラムを受けられるのも嬉しいポイントです。

1週間で3キロ痩せるときのおすすめ食事メニュー7選

脂肪燃焼スープ

効果

野菜から栄養素を補うことができるとともに、体脂肪も燃やしやすいという効果が期待できます。

量を食べても、太りにくいので、不満なく短期ダイエットを乗り切ることができるでしょう。

材料

  • 玉ねぎ・にんじん・ピーマン・キャベツ
  • トマト缶1個
  • チキンスープの素1個

好みで野菜を変更してもよいです。

レシピ・作り方

  1. それぞれの野菜を一口サイズに切り、ホールトマトとチキンスープの素とともに大鍋に入れます。
  2. 材料が浸るくらいの水を入れて数十分煮込んでいきます。野菜が好みの硬さになったならば火を止めます。
  3. 味を調えるために、塩・胡椒を好みに合わせて入れます。

グリーンスムージー

効果

グリーンスムージーは、置き換えダイエットに使用できます。

食事量を制限できるとともに栄養素を補うことも可能です。

代謝のアップにもつながります。

材料

  • ほうれん草・小松菜・ケール
  • リンゴ・イチゴ
  • はちみつ

野菜は葉物野菜が中心となっていれば、特に種類に限定があるわけではありません。

フルーツに関しても、季節のフルーツを使用することが勧められます。

野菜とフルーツは好みに合わせて選ぶことがおすすめです。

レシピ・作り方

  1. 野菜をきれいに洗い、フルーツは皮をむいたりしてそのまま食べられる状態にします。
  2. それぞれの食材と水をミキサーに入れてかけます。
  3. 水分量は多すぎないように注意しつつ、苦みが気になるようならば砂糖ではなくはちみつを加えます。

おかゆ

効果

普段の食事のご飯をおかゆに置き換えて代わりに食べることで、ご飯に比べて半分以下のカロリー摂取となります。

水分を十分に吸ったお米で満腹感を得ながらダイエットができます。

材料

  • お米半カップ
  • 和風だしの素
  • ほうれん草・きのこ

ほうれん草やきのこなどの食材は、好みによるので異なる野菜でも、なくてもよいです。

レシピ・作り方

  1. 土鍋などの鍋にお米と水を入れます。
  2. 弱火でじっくりと煮詰めていき、お米の芯がなくなりとろとろとなるまで煮詰めます。
  3. だしの素や塩などで味を整えます。

チキンサラダ

効果

鶏肉のたんぱく質は腹持ちがよく太りにくい食材なので、次の食事までのおなかがすきにくくおすすめです。

野菜も豊富なので、代謝アップも期待できます。

材料

  • 鶏肉
  • サラダ菜・水菜・レタス・ミニトマト・コーン
  • 塩・オリーブオイル

野菜の量と種類は好みによって変更しても構いません。

レシピ・作り方

  1. 鶏肉を蒸す、あるいは茹でます。
  2. それぞれの野菜を一口大にカットします。
  3. それぞれの食材を器に盛り、オリーブオイルと塩をかけて完成です。

大根の薄切り鍋

効果

大根のカリウムとミネラルがむくみ解消の効果を期待できます。

量も多く満腹感があるので、ダイエットといった我慢感が少ないでしょう。

材料

  • 大根2分の1本・白菜数枚・にんじん2分の1本
  • しゃぶしゃぶ用のぶたにく
  • 木綿豆腐一丁
  • 昆布だし・ポン酢

レシピ・作り方

  1. ピーラーで大根とにんじんを薄くスライスしていきます。
  2. 白菜と豆腐を食べやすい大きさにカットします。
  3. 鍋に昆布だしを入れて、順次野菜をと豚肉を入れていきます。
  4. 火が通ったのならば、大根おろしを作って完成です。

トマト鍋

効果

トマトに含まれるリコピンによって、美肌や老化防止の効果があります。

ダイエット中は肌荒れになりがちですが、予防効果を期待できます。

材料

  • ホールトマト缶
  • ベーコン・鶏むね肉
  • エリンギ1パック・キャベツ半玉
  • にんにく・日本酒100cc・水400cc
  • コンソメ・塩コショウ・めんつゆ少々

レシピ・作り方

  1. 材料の肉と野菜を一口大にカットします。
  2. ニンニクも薄くスライスします。
  3. 鍋ににんにくと日本酒、水、コンソメ、めんつゆとホールトマトを入れて弱火にかけます。
  4. 食材を入れて、火が通った塩コショウで味を整えて完成です。

こんにゃく炒め

効果

こんにゃくはカロリーが低い食材なので、気兼ねなく食べることができます。

また大腸に届いて整腸作用があり、排便をスムーズにし、代謝もよくなります。

材料

  • こんにゃく1パック
  • ピーマン2個
  • にんにくお好み量・鷹の爪お好み量
  • みりん・しょうゆ・酒・ごま油(調味料は大さじ2杯)

レシピ・作り方

  1. こんにゃくに味が染みやすいように、表面に細かく切れ目を入れて、ピーマンとともにカットします。
  2. こんにゃくの臭み処理をします。
  3. フライパンでこんにゃくとピーマン、鷹の爪にニンニクとともに炒めます。
  4. 調味料を入れて完成です。

しらたきのカルボナーラ

効果

排便がスムーズになる効果と代謝促進効果を期待できます。

食感もパスタに近く、ダイエットの不満も少なく食事が可能です。

材料

  • しらたき300グラム
  • ベーコン1枚
  • 粉末コンソメ
  • 塩・チーズ(とろけないカットチーズ)・卵・胡椒

白滝だけでは物足りないならば、半量をパスタにしてもかまいません。

レシピ・作り方

  1. しらたきを水洗いして適当な大きさにカットします。(パスタならば茹でておきます)
  2. ベーコンとともにしらたきを炒め、塩とコンソメ、チーズを加えます
  3. 火を止めて、5分ほどしてといた卵を入れて、味を整えます。
  4. 火にかけてとろみが出たら完成です。

白身魚の蒸し物

効果

カロリーが少なく、普段の食事のように、満腹感を感じながらのダイエットができます。

蒸し物で余分な油も除ける食事メニューです。

材料

  • 鯛2切れ
  • アスパラガス2本・パプリカ1個・ミニトマト
  • 塩・胡椒・酒・オリーブオイル(調味料は、いずれも少々、お好みです。)

レシピ・作り方

  1. 鯛に塩コショウをして10分置いて、水気をとります。アスパラガスの根元をカット、パプリカを細切りに、ミニトマトはヘタを取ります。
  2. フライパンにオリーブオイルを敷いて、鯛を焼き、野菜も塩を振って炒めて、酒を加えてふたをして蒸して完成です。

鶏のトマトソース煮

効果

鶏たんぱく質によって、腹持ちをしながら満足感のある食事メニューです。

トマトのリコピンで肌荒れを防ぐ効果もあります。

材料

  • 鶏むね肉1枚・しめじ
  • 塩・コショウ・小麦粉・オリーブオイル
  • トマトジュース・赤ワイン(それぞれ100)
  • スープの素

レシピ・作り方

  1. 鶏肉の皮を取り、そぎ切りにして塩コショウ・小麦粉をし、フライパンで焼きます。
  2. 調味料としめじを加えて煮込んで完了です。

おわりに

ダイエットにおける真の成功とは、ただ体重を落とすだけでなく、スリムな体型を維持し続けることです。

短期間ダイエットは効果が高い反面、リバウンドしやすいので注意が必要です。

ダイエットを成功させて理想の体型を手に入れるとともに、リバウンドしない体をつくりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました