なかなか治らない大人の悩める顎ニキビから脱却する方法をご紹介!

生理前に繰り返しできる顎ニキビにお悩みの方は多いですよね。

大人のニキビはなかなか治らないうえに、治ったと思ったら同じ場所に繰り返しできてしまい多くの人を悩ませています。

ここでは、大人ニキビの特徴や顎ニキビができる原因、顎ニキビを改善する方法をご紹介していくので、ぜひ顎ニキビを克服する参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

一口にニキビと言っても、その原因は思春期ニキビと大人ニキビによって異なるのはご存知ですか?

思春期にできるニキビは額や鼻などのTゾーンにできやすく、皮脂の過剰な分泌によって起こる毛穴詰まりが主な原因であるため、適切な洗顔で改善することができます。

対して、大人ニキビは頬や顎、口周りにできやすいのが特徴で、加齢によって肌のターンオーバーが滞ることで、毛穴が詰まりやすくなることが原因と言われています。

つまり、思春期ニキビと大人ニキビは「毛穴が詰まることで起こる」と言ったメカニズムは同じでも、その毛穴詰まりの原因が全く異なるのです。

なぜ顎ニキビができてしまうのか

ニキビができる場所によってその原因は異なりますが、顎ニキビはホルモンバランスが崩れているとできやすいと言われています。

これには、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が生理周期によって変わることで、そのバランスが変化することが影響しています。

プロゲステロンは、皮脂の分泌を促進し、角質を厚くする働きがあるのに対し、エストロゲンはプロゲステロンの働きを抑えて皮脂の分泌を抑制します。

生理前の期間は、エストロゲンに比べてプロゲステロンの方が多くなるため、元々皮脂腺の多い顎では皮脂分泌が過剰になってしまい、生理前は顎ニキビが繰り返しできてしまうのです。

すなわち、なかなか治らない顎ニキビを改善するには、肌のターンオーバーを促すこと、そしてホルモンバランスを整えることが重要な鍵を握るのです。

そもそもターンオーバーとは?

そもそもターンオーバーとは何かというと、それはずばり「肌が新しく生まれ変わる仕組み」です。

私たちの肌では、約6週間を1サイクルとして、表皮の奥で作られた新しい皮膚細胞が、作られた順に肌の表面に押し上げられて行き、やがて古い細胞と入れ替わります。

そして、古い細胞は垢や角質として剥がれ落ちて皮膚の役目を終えるのです。

このターンオーバーが乱れると、肌を守るバリア機能が低下し、肌荒れにつながります。

そして、ターンオーバーが乱れる要因は一概には言えず、時には複数の要素が絡み合っている場合もあるのです。

肌のターンオーバーを促すためには内側と外側からのケアが大切

肌のターンオーバーの乱れには、ライフスタイルや生活習慣によるものと、外部からの肌ダメージによるものが原因として考えられます。

生活習慣に関しては、特に食事・睡眠・適度な運動の3つは健やかな肌を育むためには必要不可欠であるため、どれか1つが欠けただけで肌の調子が悪くなってしまうから困ったものです。

しかし、仕事が忙しくて時間がないなど、分かってはいるけどなかなか改善できないのも働く女性にとっては悩みの種ですよね。

まずは、時間や手間がかからない方法で少しずつ自分に合ったライフスタイルを探して行きましょう。

食事に関しては、冷凍野菜を活用してビタミンや食物繊維を摂るように心掛けたり、間食には脂質や糖質の多いチョコやスナック菓子は控えて、ドライフルーツを選ぶようにするなど、手間がかからない方法なら長続きしやすいですよ。

十分な睡眠や適度な運動は、時間が取れないときに実行するのは難しいですよね。

そんな時は寝る前5分のストレッチとマッサージを習慣化すると良いですよ。

そうすることでリラックス効果が得られて深い睡眠につながるのと同時に、血行が促進することで肌の代謝も活発になります。

おすすめは、肩、首、こめかみ、目の周りの順にほぐしていくことです。

顔と繋がる顔周りの筋肉を解して血の巡りを良くし、日中に酷使した目も一緒に休めて良質な睡眠が取れるように準備しましょう。

また、紫外線や乾燥、過度なスキンケアなどの外部からの肌へのダメージは、肌のバリア機能の低下や、必要な角質層を剥がしてターンオーバーのサイクルを無理に早めてしまうことに繋がります。

エアコンでオフィスが乾燥している時には保湿効果があるものを、夏の日中に紫外線が強い時にはUV防止効果のあるものを化粧直しに取り入れるなど、お気に入りのコスメで肌を保護してバリア機能を高めましょう。

加えて、過度なスキンケアは肌に必要な皮脂まで奪ってしまい、バリア機能の低下や乾燥を引き起こす可能性があります。

皮脂は人の身体に元々備わっている天然の保湿成分でもあるため、肌の皮脂バランスを整えるために1度、スキンケアを見直してみることをおすすめします。

ホルモンバランスを整えて顎ニキビを改善するには

ホルモンバランスを整えると言われている栄養素は主に3つあります。

1つ目は、大豆製品に含まれている「イソフラボン」です。

イソフラボンは、生理前に減少してしまう女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをするため、ホルモンバランスが崩れやすい生理前に取り入れると効果的です。

ただし、くれぐれも摂りすぎには注意してくださいね。

そして、「ビタミンE」はホルモンの分泌を整える作用や血行を促進する作用があるので、間食にビタミンEを多く含むナッツ類を食べるとお手軽ですよ。

最後に、「亜鉛」もホルモンバランスを整える作用があります。

貝類や豆類、レバーに多く含まれています。

また、ストレスや身体の冷えもホルモンの乱れを引き起こす原因と言われています。

なるべく湯船に浸かるようにして、リラックスしながら身体を温める入浴タイムを日課にすると良いですね。

なかなか治らない大人の顎ニキビと上手に付き合っていくために

大人の顎ニキビはなかなか治らないうえにさまざまな原因が考えられるため、今回ご紹介した方法を根気よく試して、続けてみてくださいね。

もし、生活習慣やスキンケアを見直しても改善されない場合は、専門医に相談してみることをお勧めします。

もしかしたら、自分が考えていた原因とはまた別の理由があるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました