大人ニキビができる原因を体の場所ごとに知っておこう

大人になってからできるニキビがなかなか治らないという方は、スキンケアなどの対処法が間違っている可能性があります。

思春期の頃とはニキビができる原因も異なるので、大人ニキビができる原因を知って部位ごとに適切な対処を行っていくのが大事です。

今回は大人ニキビができる原因を、体の場所ごとに解説していくので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

おでこや眉間は皮脂が分泌されやすいので注意

皮脂が分泌されやすいおでこは、大人ニキビができやすい部位のひとつとして挙げられます。

特に整髪料やシャンプーの洗い残しがあると、ニキビができやすいので注意しましょう。

力を入れてこすってしまうなど洗顔の仕方が間違っていることも、ニキビが増える原因といえます。

また、前髪を常日頃から垂らしている人も、おでこが刺激されるので注意が必要ですよ。

次に、眉間もおでこと同じように皮脂が分泌されやすい場所です。

肝機能に問題があると眉間にニキビができやすいといわれているので、油っこい食事やお酒を摂取しがちな方は気をつけましょう。

鼻のニキビは炎症しやすい

顔の中でも鼻は、ニキビができやすいだけでなく炎症しやすい場所です。

皮脂の分泌される量が多いだけでなく、鼻は毛穴が深いので皮脂が他の部位よりたまりやすくなっています。

ニキビ悪化の原因である、紫外線があたりやすい場所なのも悪化しがちな原因です。

また、顔の中でも目立ちやすい場所なので、手で触ってしまうことで炎症することも多いです。

この他、花粉症の季節は鼻を何度もかむことも、鼻を刺激するだけでなく皮膚がふき取られてしまうため大人ニキビの原因になります。

頬は乾燥しやすいのでバリア機能の低下に気をつけよう

大人になってからニキビに注意するべき場所として、頬があります。

顔の中でも頬は皮脂が分泌される量が少ない部位ですが、ホルモンバランスが乱れてニキビが増えてしまいやすいです。

乾燥して肌のバリア機能が低下するのも、頬にできる大人ニキビの原因です。

また、布団や枕に頬が触れたりメイク道具が合わないなど、外的な要因もニキビにつながっていきます。

メイク道具に付着した雑菌がニキビを悪化させることもあるので、日ごろから清潔な状態を保ちましょう。

ストレスの影響を受けやすい口周りと唇

大人ニキビの中でも再発しやすいのが、口周りや唇にできるニキビです。

再発しやすいだけでなく治りにくいため、一度ニキビになると化膿して痛みを感じることも少なくないですよ。

このような口周りや唇の大人ニキビはストレスを感じている時や、胃腸が弱まっている時にできやすいです。

ストレスや疲労によって胃の調子が悪くなり、抵抗力が弱まっていると大人ニキビが出やすいですよ。

婦人科系の症状や冷え性で悩んでいる女性は特に注意が必要なので、体を冷やさないようにしましょう。

男性は髭剃り時の傷や刺激が、口周りのニキビになることがあります。

顎やフェイスラインは乾燥しやすく雑菌にも注意が必要

顎のニキビは大人になってからもできやすく、治るまで時間がかかるのが特徴です。

特に男性は髭の生えてくるところなので、男性ホルモンからの影響を受けやすくなっています。

また、髭を剃る際にできた傷から雑菌が入りこむことにより、ニキビができてしまうことも多いのでスキンケアをしっかりしましょう。

紫外線も当たりやすく乾燥しやすいため、同じところに繰り返しできることもあります。

また、フェイスラインの大人ニキビにも注意しましょう。

フェイスラインのニキビも再発や悪化しやすいです。

睡眠不足やストレスによってホルモンバランスが乱れてしまうと、男性ホルモンが多くなり過ぎてニキビができてしまいます。

顎と同様にフェイスラインも乾燥しやすいので、バリア機能の低下に注意が必要です。

また布団の摩擦といった外的要因でも、フェイスラインは刺激されやすくなっています。

顔だけでなく背中の大人ニキビにも気をつけよう

顔以外でニキビができやすい場所として、背中があります。

肩甲骨の周りは皮脂腺の多い場所で、皮脂が分泌されやすいです。

自分ではなかなか確認できない部位なので、気がついたら悪化していることも多いですよ。

また、顔よりも皮膚が硬くて厚いため、一度できてしまうと治りにくいです。

このような背中の大人ニキビは毛穴が皮脂で詰まってしまうことで、できてしまいます。

入浴時に落とすことができなかった汚れや皮脂は、ニキビにつながりやすいです。

また、衣類で背中がこすれたり蒸れるのもニキビが増加する原因ですよ。

睡眠不足などの生活習慣の乱れやストレスにも注意しましょう。

乾燥しやすい季節も顔と同様に乾燥して皮脂が多く分泌されるので、ニキビができやすいです。

普段から正しくケアしているのにニキビが改善しないという場合は、マラセチア毛包炎や毛孔性苔癬の可能性があるので皮膚科に相談することをおすすめします。

ニキビができやすい場所を知って正しく対処しよう

今回は体の部位ごとに、大人ニキビができてしまう原因を紹介してきました。

疲労やストレスによるターンオーバーの乱れやバリア機能の低下など、皮脂の詰まり以外も原因となるのが大人ニキビです。

体調と肌のコンディションは密接に関係しているので大人ニキビができやすい場所があるならば、ケアするだけでなく生活習慣を見直すことも検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました