【ヒフールHPソフトローション】を徹底解説!

キミエホワイトプラスやリョウシンJV錠などでおなじみの富山常備薬グループから、乾燥肌の悩みに効くスキンケア医薬品「ヒフールHPソフトローション」が新発売されました。

ヒフールHPソフトローションの効果や副作用などについて解説していきます。

スポンサーリンク

乾燥肌の悩みに効く!スキンケア医薬品 【ヒフールHPソフトローション】

粉ふき、赤み、ガサガサ、皮むけなど、多くの方々が悩まされている「繰り返す乾燥肌」。

ヒフールHPソフトローションは、より潤いのある健康な肌へと導き、乾燥肌の悩みに効くスキンケア医薬品です!

保水有効成分「ヘパリン類似物質」と、かゆみを抑える「ジフェンヒドラミン」を配合。

2つの有効成分が肌の内部構造を整え、かゆみによる負のスパイラルを防ぎ、「乾燥」と「乾燥からくるかゆみ」を同時にケアします。

ヒフールHPソフトローションは毎日・長期間塗り続けることで、有効成分「ヘパリン類似物質」が肌の奥の細胞を修復し、乾燥肌を治していきます。

効能・効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症、小児の乾燥性皮膚)

用法・用量

1日1~数回、適量を患部に塗布してください。

用法・用量に関する注意

  • 定められた用法・用量を守ってください。
  • 目に入らないようにご注意ください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
  • 外用にのみ使用してください。
  • 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。

成分・分量

成分分量(100g中)働き
ヘパリン類似物質0.3g保湿作用をもち、角層の構造(ラメラ構造)を整える事で肌本来のバリア機能を回復させる。また血行促進作用、抗炎症作用、掻き痕を修復する作用ももつ。
ジフェンヒドラミン1.0gかゆみを起こすヒスタミンを抑える。
添加物
セタノール、ステアリルアルコール、白色ワセリン、スクワラン、流動パラフィン、ミリスチン酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、ポリソルべート60、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、グリセリン、プロピレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸水和物、エデト酸ナトリウム水和物、パラベン

内容量・価格

内容量1箱(50g)
初回特別価格980円(税抜)
2回目以降2,400円(税抜)

※初回特別価格は、一世帯1箱、1回限りです。

ヒフールHPソフトローションを安く買う方法

ヒフールHPソフトローションを安く買いたいなら、公式サイトが断然おすすめです。

通常価格2,400円(税抜)のところ、今なら約60%OFFの特別価格980円(税抜)で購入できるのでとてもお得です。

さらに、「○○回継続がお約束」といった定期縛りがないため、いつでも解約できるのも嬉しいポイントです。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった通販サイトでも購入できるのか調査したところ、取り扱いがありませんでした。

リスク区分

第3類医薬品

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

次の人は使用しないでください。

  • 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人
  • わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがあります)
  • アトピー性皮膚炎の人(軽い症状であっても医師の下で適切な治療を受ける必要があります)

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

  • 医師の治療を受けている人
  • 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  • 湿潤やただれのひどい人
  • 医師からアトピー性皮膚炎と診断されたことのある人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、製品の箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

関係部位症状
皮膚発疹・発赤、かゆみ、はれ

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、製品の箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ヒフールHPソフトローションが効かないときの対処法

ヒフールHPソフトローションは、化粧品では治らない、粉ふき・赤みなどの乾燥肌のさまざまな症状に効果を発揮します。

さらに、ジフェンヒドラミンが乾燥によるかゆみを止めることにより、乾燥肌の悪循環(乾燥スパイラル)を断ち切ることができます。

かゆくて肌を掻いてしまうと、肌のバリア機能が低下し、余計に乾燥が進むといった悪循環が起こります。

ただし、症状がひどい場合は、ヒフールHPソフトローションの効果があまり期待できず、一定期間又は一定回数使用しても症状が改善しない場合もあります。

5~6日間使用してもなかなか症状が良くならない場合には、別の薬(ステロイドを配合した塗り薬など)に変更するか、皮膚科を受診することをおすすめします。

ヒフールHPソフトローションについてのまとめ

寒い時期になると、皮膚がカサカサして白い粉をふいたような状態になったり、広い範囲に強くしつこいかゆみが生じるなど肌のトラブルが起きやすくなります。

ヒフールHPソフトローションは、肌のボロボロや皮膚のヒリヒリ、顔のカサカサやおでこの乾燥など、乾燥肌のあらゆる悩みに効くスキンケア医薬品です。

保湿(水分保持)・抗炎症・血行促進作用を持つ有効成分「ヘパリン類似物質」が、肌の奥の細胞を修復し、乾燥肌を治していきます。

また、弱った肌にもやさしい低刺激処方なので、乾燥性敏感肌の方はもちろん、アトピー肌の方や赤ちゃんにも安心して使えます。

かゆみや赤み、粉ふきなど、乾燥による肌トラブルでお悩みの方は、ヒフールHPソフトローションを一度試してみてはいかがでしょうか。

ヒフールHPソフトローションの有効成分「ヘパリン類似物質」は、塗ってすぐに効果が実感できるものではないので、継続して使用することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました