デリケートゾーンの黒ずみ、原因や対策、予防法について

デリケートゾーンの黒ずみは普段は見えない部分ですが、見られると非常に恥ずかしい悩みです。

特に恋人や夫がいる女性にとっては切実な悩みなので、気になった時には早めに目立たなくさせたいものです。

ただ黒ずみは人によって個人差があり、その症状を引き起こしている原因も異なります。

そこでまずは原因が何かを探し、それに合った対策をとっていく事が必要になるのです。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの黒ずみ、その原因とは?

肌が黒ずむのはメラニン色素が大きく関係しています。

このメラニン色素は刺激を受ける事で作り出されるもので、大量に生産されると排出が間に合わず、皮膚に沈着するメカニズムとなっています。

つまり肌への刺激がデリケートゾーンの黒ずみの原因の一つと言えるのです。

ちなみに肌への刺激とは、体を洗う時に強く擦る、カミソリでムダ毛の処理をする際に肌を傷つける等の行為はもちろん、体に窮屈な下着やジーパンなどで知らない間に刺激を与えている事もあります。

その他の原因として挙げられるのが、ホルモンバランスの乱れです。

女性は妊娠や出産、更年期などホルモンバランスが大きく変化する時期がいくつかあります。

例えば妊娠の時期は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが共に大量に分泌される事になり、これらがメラニン色素を増やして色素沈着を起こす原因となります。

ただ妊娠中に出来る黒ずみは出産が終わるまでで、ホルモンバランスが正常に戻ると次第に解消されていきます。

出来てしまった黒ずみ、対策法は?

出来てしまった黒ずみを解消するには、その原因となった事柄をまず見直す必要があります。

例えば毎日つける下着は大切で、オシャレに気を取られて締め付けの強いものを使っていると、さらに黒ずみを悪化させてしまうこともあるでしょう。

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維が用いられたショーツは安く、可愛らしいデザインが多い反面、摩擦力が強いという問題があります。

日頃から肌への刺激を減らす事が大切なので、コットンやシルク、米ぬか繊維が素材になった下着をつけるようにしましょう。

また毎日同じ形の下着をつけるのも良い事ではなく、例えば1分丈ショーツとハイウエストショーツを交互に使うなど工夫して、下着が同じ箇所にばかり当たらないようにする事も効果があります。

毎日しっかりと体を洗う事は大切ですが、擦り過ぎるのは良くありません。

さらに目の粗いスポンジや刺激の強いボディソープも肌に良い影響を与えないので、使用しないようにするのが賢明です。

最近は黒ずみ対策に特化した専用の石鹸が出ており、これなら適度な洗浄力でしっかり気になる箇所を洗い上げます。

もちろん力加減は大事で、しっかりと石鹸を泡立て、その泡で優しく洗うように心掛けます。

さらに日常的に使うトイレットペーパーや生理の時に必要なナプキンも質が悪いものを避けるようにし、トイレットペーパーで拭く時は優しく、ナプキンは長時間使い続けずこまめに取り換える事が大切です。

そしてデリケートゾーンは肌の他の部分に比べても皮膚が薄く、乾燥しやすいという特徴があります。

乾燥によって黒ずみが悪化していくので、専用の保湿クリームを使って効率的に肌に潤いを与えるようにしましょう。

しっかりと保湿される事で肌のターンオーバーが働き、黒ずみが薄くなる効果があります。

ただ注意点として、顔用の保湿クリームには様々な添加物が配合されています。

デリケートゾーンは特に敏感な部位であるため、余計な添加物が配合されていないデリケートゾーン専用のクリームで保湿するようにしましょう。

今後黒ずみを作らないために、その予防法について

デリケートゾーンの黒ずみを予防するには、食生活の見直しから始めます。

例えば肌に良いとされている栄養成分はタンパク質やビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミン類、亜鉛等が挙げられます。

つまり普段からバランスの良い食事をして、万遍なく栄養素を体内に取り込む事が大切なのです。

また食生活と同様に肌に必要なのが十分な睡眠です。

寝不足が続くと顔の肌もボロボロになっていきますが、デリケートゾーンの肌もターンオーバーが整わず、古い角質が残ったままの状態になります。

質の良い睡眠をとれるよう、適度な運動をしてストレスを発散させるのも良い作用をもたらしてくれます。

ムダ毛の処理をする際、カミソリや脱毛ワックス、除毛クリーム、家庭用脱毛器などが使われますが、実はどれも肌に刺激を与えるため、結果的に黒ずみの原因になってしまいます。

そこで少しでも肌への負担を軽くするという意味で、ムダ毛処理後にはしっかりと保湿しておくようにしましょう。

デリケートゾーン専用のローションは肌への刺激が少ないので安全に使用する事ができ、処理をした後にローションで保湿しておくと、肌のヒリヒリ感や赤みが発生するのも抑えられ、黒ずみが発生するのも予防する事が出来ます。

黒ずみは自分でも解消出来る

デリケートゾーンの黒ずみは、場所が場所だけに人に相談しにくいものです。

病院へ行けば適切な治療を受ける事が出来ますが、実は普段の生活を見直したり、肌に優しい下着をつける事などでも簡単に解消出来るものです。

ただ自力で解決する場合は多少の時間を要するため、焦らずにじっくりとケアを続けるようにする事が大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました