デリケートゾーンの黒ずみを解消するには?原因とケア方法を徹底解説

女性であればデリケートゾーンの悩みは人には聞きにくいし、なかなか他の人と比べることも出来ません。

無駄毛を処理してみたら、デリケートゾーンの黒ずみに驚いた、なんて方もいるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみを大事な人に見られたくないとお悩みの方、デリケートゾーンの黒ずみの原因を認識すれば、それに対してしっかりと対策をたて予防することができますので詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

黒ずみはなぜ出来るのか?

デリケートゾーンの他にはワキの下や肘、膝なども黒ずむ事があります。

これらはすべて色素沈着によって生じており、皮膚の細胞(メラノサイト)から出たメラニン色素が皮膚に沈着することによって黒ずみは出来てしまうのです。

このメラニン色素、普段は紫外線に当たると出てくるもので、紫外線の炎症から皮膚を守るために存在します。

それ以外にも、皮膚を強く擦りすぎたり、衣類が触れることによる刺激が長い期間加わったりすると色素沈着はひき起こされます。

また、ニキビがひどくなって炎症を起こした後も色素沈着が起きるでしょう。

このように、メラニンが出るのは紫外線や物理的な刺激などで炎症が引き起こされた結果、肌を守ろうと色素沈着を起こすのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因もこのメラニンによる色素沈着が起こった結果です。

刺激を受けて炎症が起こるとメラニンが生成され黒ずみができます。

ですので、デリケートゾーンに起こる刺激の原因を考えれば、その対策を立てることができるでしょう。

一度色素沈着が起こったら元に戻らないかというとそうではなく、皮膚はターンオーバーしていくことでメラニンを排泄していきます。

なのでしっかり対策をたてて予防することで黒ずみは改善することができるのです。

ただし、皮膚のターンオーバーには長い時間がかかりますので、焦らずにみていきましょう。

ターンオーバーは年齢と共に遅くなっていきますので、ご高齢の方の黒ずみの改善はより時間がかかってしまいます。

また女性の場合、女性ホルモンがメラノサイトを刺激してメラニン色素を生成します。

妊娠後に乳首やデリケートゾーンが色素沈着するのも、ホルモンバランスが劇的に変化した結果ですが、出産を終えるとホルモンバランスは正常に戻って、色素沈着も徐々に改善していくでしょう。

女性は月単位でホルモンバランスが劇的に動きますが、生理痛がひどい、生理不順がある、などのトラブルを抱えている方は婦人科に相談してみてください。

ピルを飲むことで生理の悩みはもちろん、お肌の悩みが劇的に改善することもあります。

デリケートゾーンに刺激を与えるものは

デリケートゾーンに黒ずみをもたらす刺激の原因は何でしょうか。

女性の下着は締めつけるものが多く、ゴムの部分でデリケートゾーンに機械的刺激が持続的に加えられることになります。

また、サイズの小さめなジーンズなどもデリケートゾーンが擦れてしまい、その刺激によってメラニンによる色素沈着が起こるのです。

お風呂で洗う際にデリケートゾーンをゴシゴシと擦って洗うのもNGです。

また、アンダーヘアを処理する時にカミソリ、電動シェーバーを使うと、どうしても黒ずみの原因になってしまいます。

処理後も皮膚が乾燥したり、弱くなっているので、メラニンが沈着しやすい状態になってしまいます。

その他に、生理の際の経血の刺激も黒ずみの原因となります。

このように、デリケートゾーンは常に刺激を受けやすく、黒ずみができやすい環境にあることを自覚しましょう。

黒ずみを解消するために出来ることは

その刺激に対して、どのように身を守るか、避けるか、がデリケートゾーンの黒ずみ対策になります。

キツめの下着や衣服による摩擦を避けることはできます。

サイズの合わない小さめの下着はやめて、生地の柔らかい綿やシルクのゆったりとした下着を着用するように心がけましょう。

アンダーヘアの処理は出来れば美容医院やエステ店などでする方が良いでしょう。

余裕がない方は、家で処理の際にカミソリを使用するなら、クリームなどを使ってサッと最小限の回数でシェービングをしましょう。

処理後の保湿も炎症を起こさないために大切ですので、お顔と同じくらい丁寧なケアを心がけましょう。

刺激をなるべく減らして、皮膚のターンオーバーを待てば、自然と黒ずみは改善していきます。

黒ずみ予防のケア方法は

デリケートゾーンの黒ずみのケア方法は、例えばお風呂でデリケートゾーンを洗う際は、洗顔する時と同じくらい丁寧に泡を使ってやさしく洗うことを心がけてください。

決してナイロンタオルやブラシで強く擦らないようにしましょう。

界面活性剤入りの石鹸は皮膚への刺激が強いので避けましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸もあります。

生理の際もナプキンをこまめに替えたり、肌に付いた経血をウェットシートでさっと拭い落とすようにすると良いです。

もちろん、トイレにウォッシュレットがあれば使ってきれいにしましょう。

黒ずみに対する薬用クリームもありますので、そちらを試してみるのもよいでしょう。

保湿成分がちゃんと入っていて、ビタミンC、トラネキサム酸などの成分が配合されているか、自分の予算に合ったものの中でベストのものを選びましょう。

また、お金がかかっても即効性を期待するなら、美容クリニックなどではレーザー治療がありますので、余裕のある方はご検討ください。

デリケートゾーンの黒ずみを解消して悩みも解消

デリケートゾーンの黒ずみの原因がおわかりいただけたでしょうか。

日常生活でのケアを心がければ、黒ずみは予防できますし、対策も立てることができますね。

黒ずみを見られるのは恥ずかしいですので、毎日のケアを怠らないようにしましょう。

そして、大事なことは肌のターンオーバーを乱さないように、しっかりと睡眠、食事をとることです。

それを忘れずに、デリケートゾーンに優しい生活をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました