デコルテニキビの原因と対処方法や予防ケアの正しい知識

デコルテ部分のニキビ、いわゆるデコルテニキビは治りにくく、体質だと思ってあきらめたり、ストールなどで隠せるからと放置している方は意外と多くいます。

しかし実は、原因と対処方法の正しい知識と、きちんとした予防ケアをすることで、完治が期待できる病気なのです。

これから紹介する内容をぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

デコルテニキビはカビが原因

そもそも肌表面には「常在菌」と呼ばれるさまざまな菌が生息しており、通常であれば肌を守る働きをしています。

ところがバリア機能の低下などでこのバランスが崩れると、デコルテニキビなどの肌トラブルが引き起こされます。

一口にニキビと言っても、顔とデコルテニキビなどの身体にできるニキビでは、原因菌が異なる全く別の病気です。

顔にできるニキビは細菌のひとつである「アクネ菌」が引き起こすもので、医学的には「尋常性座瘡」と言うものです。

一方、デコルテニキビなどの身体に出るニキビの原因は、「マラセチア菌」というカビの一種であることが多いです。

マラセチア菌は常在菌の一つで、湿気を好み、皮脂をエサにして増殖します。

このマラセチア菌が毛穴のなかで増殖し、炎症を起こした状態がデコルテニキビで、正式には「マラセチア毛包炎」と言われています。

毛穴の場所に均一に小さく赤いプツプツが出るのが特徴です。

身体のニキビは早めの気づきが肝心なので、一度チェックしてみてください。

別の菌が二次感染を引き起こしてしまう

デコルテニキビなど身体にできるニキビの場合、重症化するまで放置している人も少なくありません。

その理由の一つが、身体にできるニキビは痛みが少なく、自覚しにくいからです。

悪化すると痛みを伴うこともありますが、それは炎症を起こした毛穴に別の菌が入り込んで化膿したケースで、いわば二次感染したものです。

毛穴詰まりが原因になることもある

暑さやストレスを感じた時に出る汗が、原因になる場合もあります。

ベタついた蒸発しにくい汗は、皮脂が多く含まれているので、放っておくと毛穴が詰まってしまうからです。

刺激を与えないことが肝心

デコルテニキビの対処方法としてまず気をつけなければならないことは、とにかく刺激を与えないことです。

入浴時にきれいに洗い流そうとして、ナイロンタオルでごしごし洗うのはもってのほかなので、手のひらに石けんやボディソープを泡立てて、やさしく洗い流しましょう。

マラセチア菌をケアするものを選びましょう

できてしまったデコルテニキビを早く治したくて、顔と同じようなスキンケアをしてしまう方も多いようですが、顔のニキビとは根本的に原因菌が異なります。

身体のニキビの原因菌であるマラセチア菌をケアする成分が配合されているものを選びましょう。

その際、殺菌力があまりにも強いものを選んでしまうと、逆に常在菌のバランスを崩すことになってしまうので、注意が必要です。

早めのケアで色素沈着を防ぐ

重症化してしまったデコルテニキビは、色素沈着や痕が残りやすくなります。

できてしまったら早めに医療機関を受診して、適切な処置を受けることをおすすめします。

病院での治療は、クリスタルピーリングやビタミンCのイオン導入のほか、症状によって「抗真菌剤」を処方することもあります。

実際に色素沈着してしまったり、ケロイド化したあとでも、その痕を消すという治療方法もあるので、気になる方は美容皮膚科に相談してみてください。

他にも色素沈着を防ぐために、日頃のUVケアにも気を配りましょう。

身体や髪を洗った後には、湯船に浸かりましょう

デコルテニキビの予防ケアとして、まず肝心なのがバスタイムの過ごし方です。

シャンプーのすすぎ残しがデコルテニキビの原因になってしまう場合があるので、身体や髪を洗った後には、必ず湯船に浸かりましょう。

入浴は身体に残ったヘアケア成分を落とすだけでなく、角質を柔軟にして毛穴詰まりを防ぐ効果も期待できます。

栄養バランスを見直しましょう

マラセチア菌の好物は皮脂です。

その皮脂の過剰分泌を招く一因が、男性ホルモンと言われています。

糖質の多い食物を摂りすぎると、それが刺激となって、肌を守ろうとする防衛本能をもつ男性ホルモンが活性化して、より皮脂が分泌されてしまいます。

栄養バランスの見直しを心がけましょう。

腸内環境を整えるヨーグルト、ホルモンバランスを整える納豆がおすすめです。

雑菌の増殖を防ぐ

汗による蒸れで雑菌が増殖しないようにすることも肝心です。

外出時には体温調節しやすい服装を心がけ、また汗をかいたらこまめに拭き取るなど、肌を清潔に保つようにしましょう。

インナーケアを心がけましょう

精神的なストレスとニキビには、深い関係があると言われています。

上質な睡眠をとることを心がけて、適度な運動でストレス発散を行いましょう。

心や身体に疲れをためない工夫をして、インナーケアに努めることが大切です。

身体の内側から抵抗力を高め、すこやかな肌環境を維持しましょう。

デコルテニキビ対策のまとめ

これまで紹介したように、デコルテニキビなどの身体にできるニキビの原因は、顔のニキビの原因と根本的に違うため、直し方が違います。

そのことを念頭におきながら、まず大切なのは、デコルテニキビができないようにする予防ケアです。

そして角質を溜めない、清潔を保つ、ストレスを溜めないなどの対策で常在菌バランスを整え、健やかな肌を保ちましょう。

コメント