シミができる原因とは?シミを改善する方法や自宅でできる予防法を解説

顔の印象を一気に老けさせる「シミ」。

シミがあると、実年齢よりも老けて見られてしまうことも。

そこで今回は、美肌の大敵であるシミの原因や対策、予防法などを紹介します。

スポンサーリンク

シミができる原因

シミの主な原因は、紫外線と加齢です。

紫外線を浴び続けることによって肌がダメージを受けると、皮膚細胞の再生能力が低下し、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまいます。

また、加齢によりターンオーバー(肌の代謝)のサイクルが乱れると、メラニンが排出されず皮膚内部に蓄積され、シミとなります。

シミを消す方法

一度できるとなかなか消えないシミですが、適切な治療を行えば、自力で消すことが可能です。

自力でシミを消す場合、L-システインとビタミンC配合の内服薬で改善することができます。

ただし、シミの種類によっては、セルフケアだけでは消せないものがあります。

セルフケアを始める前に、まずは自力で消せるシミかどうかを確認することが大切です。

間違ったケアがシミを悪化させる!

シミにはいろいろな種類があり、複数のシミが混合してできる場合があります。

症状によって対処法は異なるため、間違ったケアをすると悪化する可能性があります。

自分で判断せずに医師・薬剤師に相談してください。

シミを予防するには?

シミを予防するためにまず大切なのは紫外線対策です。

日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘や帽子、サングラスなどを活用して、紫外線から肌を守りましょう。

また、美白化粧品を使った美白ケアも行うとより効果的です。

日頃のUVケア&美白ケアが、5年後、10年後の肌年齢(見た目年齢)を左右します。

シミはできてから治療するのではなく、できる前に予防するのが理想です。

美白を叶えるおすすめコスメ

透明感のある肌作りに欠かせない「美白化粧品」。

しかし、種類が多すぎて「どれを選べばいいのかわからない!」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、ファンケルのホワイトニングラインです。

ファンケルのホワイトニングラインとは?

ファンケルのホワイトニングラインは、消えづらいシミ「居座りジミ」に着目した美白化粧品です。

2019年3月20日にリニューアルされ、サクラ葉エキスとアクティブビタミンCαを新たに配合。

肌をたっぷりのうるおいで満たしながら、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぎ、みずみずしい透明感のある肌へ導きます。

※美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効果のことをいいます。

ホワイトニングラインの詳細を見る

ホワイトニングラインのここがすごい!

  • ホワイトニング化粧液が人気美容雑誌の化粧水カテゴリーで1位を受賞
  • 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用

ホワイトニングラインを使ってみた感想

実際に使ったからこそわかった、ホワイトニングラインのリアルな口コミを紹介します!

ホワイトニング化粧液

ホワイトニング化粧液

化粧液だけで十分すぎるほどの保湿力があります。

肌なじみがとても良く、しっとりするのにベタつかないので、使いやすいさも抜群◎

使うたびに、肌に透明感が出てきたように感じます。

ホワイトニング乳液

ホワイトニング乳液

しっかり潤うのにベタつかず、とても良い使い心地です。

軽めのテクスチャなので、オールシーズン使うことができます。

美白ケアと潤いケアが同時にできる優れものです。

ホワイトニングエッセンス

ホワイトニングエッセンス

プチプラとは思えないほどの実力派コスメ。

つけた瞬間、ワントーン明るくなる感じがします。

一度使えば虜になること間違いなしです!

ホワイトニングマスク

ホワイトニングマスク

ホワイトニングマスクには、シートマスク1枚に美白美容液がなんと1本分以上も配合されています。

つけた瞬間から、しっとりうるおう肌を実感できます。

週に1度のスペシャルケアとして、ぜひ取り入れたいアイテムです。

ホワイトニングラインを使い始めて変わったこと

ホワイトニングラインを使うようになってから、シミができにくくなったと思います。

また、肌がワントーン明るくなった気がします。

少しずつ素顔に自信がもてるようになってきました。

医薬部外品なので、シミを消す効果はありませんが、シミを予防することは可能です。

おわりに

白く美しい肌は一日にしてならず!

美白肌を作るためには、毎日のスキンケアが欠かせません。

日々のスキンケアに美白化粧品を取り入れて、透明感あふれる肌を手に入れましょう。

美白化粧品を選ぶときは、「美白効果の高さ(効き目)」「肌へのやさしさ(品質)」「コスパの良さ(価格)」を重視しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました