【液体ムヒアルファEX】を徹底解説!

液体ムヒアルファEX

液体ムヒアルファEX」は、全国の薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている虫さされ治療薬(市販薬)の中でも最強クラスのステロイド剤である、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)を配合しているため、かゆみにすばやくしっかり効きます。

ステロイド剤の他にも、局所麻酔成分や抗ヒスタミン成分、殺菌作用がある成分などを配合しているため、毒虫に刺された時でも使用できる効き目にこだわった処方が特長です。

また、液体ムヒベビーや液体ムヒS2aなど、数多く販売されているムヒシリーズの中でも、最強のステロイド外用薬に分類されています。

実際に使用した感想(効果)や配合されている成分など、「液体ムヒアルファEX」について解説していきます。

スポンサーリンク

【毒虫などによるがまんできない虫さされ・かゆみに】液体ムヒアルファEX

液体ムヒアルファEX」は、ムヒが創った効き目こだわりの虫さされ・かゆみ止め薬<液体タイプ>の鎮痒消炎剤です。

ダニ、ノミ、毛虫、ムカデ、クラゲなどのさされ用に開発されたしいタイプの液体かゆみ止めです。

炎症によく効くアンテドラッグ型抗炎症成分(PVA:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)に、すばやくかゆみをおさえる成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)を組み合わせた、効き目にこだわった処方です。

蚊はもちろん、ダニ・ノミ・毛虫・ムカデ・クラゲなどによる虫さされ・かゆみにも効果を発揮します。

また、虫さされだけでなく、しっしんや皮ふ炎などの治療にも適しています。

効能・効果

虫さされ、かゆみ、しっしん、皮ふ炎、かぶれ、じんましん、あせも

用法・用量

1日数回、適量を患部に塗布する。

成分・分量(100mL中)・働き

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA):0.15g

アンテドラッグ型抗炎症成分で、はれ・赤みをしっかりおさえる。

ジフェンヒドラミン塩酸塩:1.0g

かゆみ原因物質(ヒスタミン)のはたらきをブロックし、かゆみの元をおさえる。

l-メントール:3.5g

清涼感を与え、かゆみ感覚をすばやくしずめる。

dl-カンフル:1.0g

清涼感を与え、かゆみ感覚をすばやくしずめる。

イソプロピルメチルフェノール:0.1g

殺菌作用がある。

添加物

BHT、エタノール

剤型・形状

どんな時でもサッと塗れ、手が汚れない塗布栓タイプ

包装単位・メーカー希望小売価格

35mL/1,200円(税抜)

液体ムヒアルファEXの特長

効き目にこだわった「PVA+ジフェンヒドラミン塩酸塩」の組み合わせ処方!

すぐれた抗炎症効果をもつPVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)に、かゆみを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩を組み合わせました。

ダニ・ノミ・毛虫・ムカデ・クラゲなどによるがまんできない虫さされ・かゆみにしっかり効きます。

スーッとする強い清涼感がかゆみをすばやくしずめる!

2つの清涼感成分(l-メントール、dl-カンフル)と液剤ならではのスーッとする強い清涼感により、かゆみをすばやくしずめます。

手が汚れず塗りやすい塗布栓タイプ!

どんな時でもサッと塗れ、手が汚れない塗布栓タイプの使いやすい容器です。

液体ムヒアルファEXの強さ(ランク)

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬は、薬ごとにそれぞれ強さでランク付けされています。

強さのランクは、5段階(I群~V群)に分類されます。

  • I群:strongest/最強
  • II群:very strong/非常に強力
  • III群:strong/強力
  • IV群:medium/中程度
  • V群:weak/弱い

液体ムヒアルファEX」に配合されているプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)は、III群またはIV群に入るため、市販薬の中では最も強いステロイド外用薬です。

液体ムヒアルファEXの副作用

関係部位:症状

  • 皮膚:発疹・発赤、かゆみ、はれ
  • 皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の部位には使用しないでください

  • 水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部
  • 創傷面、目の周囲、粘膜等

2.顔面には、広範囲に使用しないでください

3.長期連用しないでください

(目安として顔面で2週間以内、その他の部位で4週間以内)

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

  • 医師の治療を受けている人
  • 妊婦又は妊娠していると思われる人
  • 薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人
  • 患部が広範囲の人
  • 湿潤やただれのひどい人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

関係部位:症状

  • 皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、はれ
  • 皮ふ(患部):みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

液体ムヒアルファEXのよくある質問(Q&A)

【Q1】液体ムヒアルファEXは何才から使用できますか?

A1】生後6カ月以上を目安にご使用いただけます。

【Q2】液体ムヒS2aとはどこが違うのですか?

A2】配合されているステロイド成分の抗炎症作用の強さが違います。

刺された虫や症状によってお選びください。

症状がひどい人や長引きやすい人には液体ムヒアルファEXをおすすめします。

【Q3】クリーム剤のムヒアルファEXとはどこが違うのですか?

A3】効果は同じです。

クリーム剤と比較して清涼感がより優れています。

【Q4】ケムシなどのひどい虫さされに効きますか?

A4】炎症抑制効果の高いプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)が配合されていますので、ケムシやムカデなどのひどい虫さされ、しぶといかゆみに効果があります。

ケムシに刺されると肌に微細な刺毛が残ることがあるので、粘着テープ等を用いて軽く刺毛を取り除いてから塗布してください。

【Q5】液体ムヒアルファEXに入っているPVAとは何ですか?

A5】PVAとはプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルというステロイド成分の略称です。

PVAは、患部ではしっかり効いたあと、体内に吸収されると活性の低い物質に分解される特性をもっているアンテドラッグ型の抗炎症成分です。

【Q6】液体ムヒアルファEXをハチに刺された症状に使ってよいですか。効果はどうですか?

A6】ハチ刺されでは、腫れ、赤みが強く起こる場合が多く、液体ムヒアルファEXでは症状を抑えきれない場合もあります。

できるだけこまめに塗り、氷水で冷やしてください。

また、スズメバチ、アシナガバチではアナフィラキシーショックを起こす場合がありますので、気分が悪くなる、呼吸が苦しくなる、めまいがする場合には、救急車を呼ぶなど、一刻も早く医師の手当を受けてください。

アナフィラキシーショックは刺されて数分~15分までに起こることが多い〕

【Q7】蚊のイラストはないが、液体ムヒアルファEXは効果がありますか?

A7】蚊に刺された場合にも効果はございます。

【Q8】液体ムヒアルファEXはどれ位長く使ってよいですか?

A8】2~3日使って症状が改善されているようでしたら、しばらく使ってみてください。

ステロイド成分を含みますので、目安として顔には2週間、顔以外の部分には4週間までの使用でお願いします。

症状が長引く場合には、早めにお医者様に診ていただいてください。

※説明文書をお読みください。

【Q9】液体ムヒアルファEXを顔に使ってよいですか?

A9】顔にもご使用いただけます。

ただし、スーッとする成分を含みますので、眼の周りや口の周りには使わないでください。

なお、ステロイド成分を含みますので同じ部位に続けて使う場合は、2週間を目安にしてください。

【Q10】液体ムヒアルファEXを開封した後はどのくらい使用できますか?

A10】使用期限内であれば開封後は6カ月を目安にご使用いただけます。

【Q11】液体ムヒアルファEXを塗った後、ガーゼで覆ってよいですか?

A11】液体ムヒアルファEXを塗った後にガーゼやラップフィルム等で覆われますと、成分による刺激が出やすくなりますので、おすすめできません。

【Q12】液体ムヒアルファEXを塗ったところが白くなってしまいました。

A12】有効成分のプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルには毛細血管収縮作用があり、塗った部位が一時的に血液の流れが少なくなるため白く見えるもので心配ありません。

使用をやめると白くなった状態はほとんどの場合1~2日で回復します。

【Q13】液体ムヒアルファEXは妊娠中でも使えますか?

A13】かゆみ止めの塗り薬は吸収される量はわずかなので妊娠中でもご使用いただけます。

特に虫さされなど範囲が部分的で、期間も短い場合は大丈夫です。

ただし、広い範囲に使われる場合や症状が長引く場合は、念のためお医者様にご相談ください。

【Q14】液体ムヒアルファEXは授乳中でも使えますか?

A14】かゆみ止めの塗り薬は授乳中でもご使用いただけます。

液体ムヒアルファEXについてのまとめ

「液体ムヒアルファEX」は、肌の浸透性も高く、即効性に優れているので、瞬時にかゆみを鎮めてくれます。

特に夏場は、蚊に刺されて我慢できないようなかゆみに対して、塗った瞬間からかゆみを鎮めてくれるため、かきむしって酷くなるのも防げます。

清涼感がとても気持良く、塗った部分がスーッとするので、使用感はシーブリーズなどの制汗剤と似ているように思います。

そのため、夏場でも数分~数十分間はスーッとした感じが続くので、冬場に使用すると非常に寒くなります。

顔にも使用できますが、目や鼻の周りに塗ると涙が出てくるぐらい冷感刺激が強いので、デリケートな部分に塗るのは避けましょう。

なお、ステロイド剤を配合しているため、最長でも2週間を目安にして、長期連用はしないようにしてください。

症状が改善しない場合は、悪化してしまう前に専門医(皮膚科など)に受診しましょう。

「ムヒアルファEX」よりも「液体ムヒアルファEX」の方が、かゆみを早く鎮めてくれる気がするので、普段は「液体ムヒアルファEX」をよく使用しています。

クリームだと液体よりも清涼感が少なく、即効性や浸透性が低いため、かゆみが治まるまでに時間がかかるように感じてしまいます。

「液体ムヒアルファEX」を使用する上で最も良いと思うのは、手軽に使えることや手が汚れることがないことです。

容器が小さめなので、持ち運んだりするのにも邪魔にならず、指で直接塗ったりする必要もないので、いつでもどこでも使用できます。

しかも、市販薬の中では最強クラスのステロイド剤(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)も配合されているので、かゆみを鎮めると同時に赤みを早く目立たないようにしてくれます。

赤みは非常に目立ちやすく、気になってしまうことも多いので、それが早く改善されるのはとても嬉しいです。

「ムヒアルファEX」との違いとしては、クリームに比べると持続性が低いことがデメリットになります。

また、クロタミトン(かゆみ止め成分)が配合されていないので、有効成分が一種類少ないことも挙げられます。

そのため、寝る前に塗るのであれば、持続性の高い「ムヒアルファEX」がおすすめです。

コメント