ヒゲ脱毛をするにはどれくらい回数がかかるのか

男性が朝起きてから出かけるまでの身支度で、ヒゲそりは大きなウエイトを占めているのではないでしょうか。

ヒゲは毎日生えますし、ヒゲが長くてもいいという方以外は、必ず剃るものですよね。

毎日のヒゲ剃りでお肌も傷ついてしまったり、濃い人は剃っても剃っても残ってしまうなどの悩みもあるでしょう。

そのような悩みを解消してくれるヒゲ脱毛が、どのくらい効果が出るのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヒゲ脱毛とは

男性も脱毛に関心が高まってきている中、最も目立つ毛としてはヒゲがあげられますね。

ヒゲ脱毛にはいくつか種類があります。

大きく分けて「医療レーザー脱毛」、「ニードル脱毛」、「フラッシュ脱毛」です。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とはクリニックや美容外科、皮膚科など医師のいる施設でしか行えない脱毛方法です。

エステのフラッシュ脱毛と違い光の出力が強く脱毛効果が期待できます。

また施術後の肌トラブルなども医師に診てもらえるため、安心感があります。

出力が強いためフラッシュ脱毛に比べて痛みは強いです。

痛みが強い人には部分麻酔、笑気麻酔、麻酔クリームを使うこともあります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは1本1本の毛穴に針を差し込み、電流を流して毛根を破壊させる脱毛法です。

針脱毛や電気脱毛ともいわれています。

また他の脱毛法では白髪やメラニンの少ない毛には効果が少なくなるのですが、ニードル脱毛はどんな毛でも施術することができます。

狙った毛を確実に脱毛できるため、ヒゲをデザインしたいという人にはお勧めの脱毛法です。

しかし痛みはかなり強くなります。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛とはエステで一般的に使われる脱毛法で、医療レーザーよりも出力が低くなっています。

フラッシュ脱毛の1番の特徴は医療レーザーやニードルに比べて痛みが少ないことがあげられます。

痛みに弱い方にはお勧めできる方法ですね。

毛周期について

ヒゲ脱毛に1度行ったからといって、すぐにツルツルのお肌になれるわけではありません。

それにはヒゲの量などの個人差もありますが、毛周期が関係しています。

人には毛が生え変わる周期があり、それを毛周期といいます。

毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」の3つがあります。

成長期

「成長期」はいくつかに分けて考えることができ、「成長初期」は毛根から毛を作り始める時期になります。

毛が皮膚の中で成長しているところなので肉眼では見えません。

成長初期は皮膚の浅いところに毛根があるため、施術の光にも反応しやすく毛穴を処理できる場合があります。

このため、施術は成長初期に合わせて行われます。

その後、毛はどんどん太く長く成長していきます。

肉眼で確認できるのが成長期の毛になります。

退行期

「退行期」は毛の成長期間が終わり抜け落ちるまでの期間をいいます。

この期間に入ると毛は自然に抜け落ちるのを待っている状態です。

退行期の初期の段階では光が反応するので施術が可能です。

しかし成長期に比べると脱毛効果は低いといえます。

休止期

「休止期」は毛を成長させる細胞が働きを止めている時期です。

次の毛が生えるまでの準備期間といえます。

この時期には毛穴に毛がないので施術ができません。

休止期が終わるとまた成長期に入り、毛が作られていくのです。

間隔を開けて通う

このように毛は「成長期」「退行期」「休止期」をぐるぐると繰り返して生え変わっているのですね。

施術ができるのは成長期に合わせるのが効果的なので、間隔を開けて通うことが必要なのです。

ヒゲの毛周期は他の部位の毛よりも早く、1ヶ月半から2ヶ月くらいです。

ヒゲ脱毛に必要な回数とは

今現在生えているヒゲの全部に施術効果があるわけではなく、効果がなかった退行期や休止期の毛が成長期になったころに施術をする必要があるため、何度も通う必要があるということがわかりましたね。

では何回くらいでヒゲが薄くなってくるのでしょうか。

これには個人差があるようですが、医療レーザー脱毛の場合は5回から8回(1年半)、ニードル脱毛の場合は15回から30回(3年)、フラッシュ脱毛の場合は15回以上(2年以上)ぐらいで効果がわかるようです。

ヒゲ脱毛の効果を実感するには、やはりある程度の回数は通わないといけないのですね。

脱毛のペースは

ヒゲは脱毛のサイクルが早いため、1ヶ月に1度のペースで施術を受けることができます。

それにより早く脱毛が終わると思いがちですが、一定のペースである程度の期間は施術に通う必要があります。

ヒゲは毛の密度が非常に濃いので、施術で照射した光が正しく毛根に届いていないことが多いためです。

また、ヒゲは顔の他の部位に比べて毛根の深い部分から毛が生えているため、光が届きにくくなっています。

ですから、施術を開始して初めのころは1ヶ月から1ヶ月半に1回、毛量が少なくなり施術の光が届きやすくなってきたら3ヶ月に1回のペースで通うのが一般的といえます。

ヒゲ脱毛にはある程度の回数が必要である

どの脱毛方法を選んだとしても、回数を重ねなければ効果は期待できないことがわかりました。

ツルツルの状態を目指すならば、かなり時間をかけなければいけないのですね。

ツルツルまでいかなくてもある程度薄くしたいという人は、何回か試してみてもよいのではないでしょうか。

ヒゲが濃いことでお悩みの方は、脱毛によって少しでも悩みが軽くなればいいですね。

コメント